allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヴェネチア国際映画祭 (INTERNAZIONALE D'ARTE SINEMATOGRAFICA DI VENEZIA)
 
オフィシャルサイト:http://www.labiennale.org/
【概要】
  ヴェネチア国際映画祭は、世界で最も古い映画祭である。その始まりは1932年、市の観光の一環としてビエンナーレ現代美術展の“ヴェネチア映画芸術国際展”としてだった。その二年後に第2回が開かれ、以降は中止と変更が幾度かあったものの、基本的には毎年開催されている。 さてその中止と変更だが、言うまでもなく戦争のためである。ヴェネチアの場合は、それが最も不幸な形で影響を及ばしたと言っても間違いではあるまい。まず36年の第4回から、ムッソリーニ賞なるものが設立される。翌年には受賞を巡って、審査員が決定を覆す政治的陰謀が起きる。以降40年から3年間はイタリア=ドイツ映画祭として開かれるものの国際映画祭とは認められず、その後の3年間も戦争のために中止。戦後の46年に再び映画祭が開かれるが、これも国際映画祭とは認められなかった。しかも悪いことに、この年にはカンヌ国際映画祭が始まっている。 それでも以後は、徐々に環境も整備され国際映画祭として広く認知されるようになっていく。ところが68年を最後に、一時コンペティション部門が廃止され、11年間に渡って映画賞の選出が行われなくなる。この時期は映画祭自体も開催を巡って様々な混乱が生じている。80年になり、ようやくコンペティション部門が復活、翌81年には混乱していた開催回数も「38回」と正式に定められ、以降は体制も整い徐々に活況を取り戻していった。現在ではカンヌ、ベルリンと並び“世界三大映画祭”に数えられ、国際映画祭として高い評価を得ている。毎年8月末から9月初めに開催されており、審査員に多くの監督を加えているのも特色の一つである。

【ヴェネチア国際映画祭:受賞リスト】
開催年度開催回数作品
2016年第73回ANG BABAENG HUMAYO (THE WOMAN WHO LEFT)
2015年第72回DESDE ALLA (FROM AFAR)
2014年第71回さよなら、人類
2013年第70回ローマ環状線、めぐりゆく人生たち
2012年第69回嘆きのピエタ
2011年第68回ファウスト
2010年第67回SOMEWHERE
2009年第66回レバノン
2008年第65回レスラー
2007年第64回ラスト、コーション
2006年第63回長江哀歌(エレジー)
2005年第62回ブロークバック・マウンテン
2004年第61回ヴェラ・ドレイク
2003年第60回父、帰る
2002年第59回マグダレンの祈り
2001年第58回モンスーン・ウェディング
2000年第57回チャドルと生きる
1999年第56回あの子を探して
1998年第55回いつか来た道
1997年第54回HANA-BI
1996年第53回マイケル・コリンズ
1995年第52回シクロ
1994年第51回愛情萬歳
1994年第51回ビフォア・ザ・レイン
1993年第50回ショート・カッツ
1993年第50回トリコロール/青の愛
1992年第49回秋菊(しゅうぎく)の物語
1991年第48回ウルガ
1990年第47回ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
1989年第46回悲情城市
1988年第45回聖なる酔っぱらいの伝説
1987年第44回さよなら子供たち
1986年第43回緑の光線
1985年第42回冬の旅
1984年第41回太陽の年
1983年第40回カルメンという名の女
1982年第39回ことの次第
1981年第38回鉛の時代
1980年第37回アトランティック・シティ
1980年第37回グロリア
1979年第36回受賞作品の選出はなし
1978年(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1977年(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1976年第35回(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1975年第34回(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1974年(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1973年(正式授賞の取り止め)正式授賞の取り止め
1972年第33回受賞作品の選出はなし
1971年第32回受賞作品の選出はなし
1969年第30回受賞作品の選出はなし
1968年第29回サーカス小屋の芸人たち 処置なし
1967年第28回昼顔
1966年第27回アルジェの戦い
1965年第26回熊座の淡き星影
1964年第25回赤い砂漠
1963年第24回都会を動かす手
1962年第23回家族日誌
1962年第23回僕の村は戦場だった
1961年第22回去年マリエンバートで
1960年第21回ラインの仮橋
1959年第20回戦争・はだかの兵隊
1959年第20回ロベレ将軍
1958年第19回無法松の一生
1957年第18回大河のうた
1956年第17回該当なし
1955年第16回奇跡
1954年第15回ロミオとジュリエット
1953年第14回該当なし
1952年第13回禁じられた遊び
1951年第12回街は自衛する
1951年第12回羅生門
1950年第11回明日では遅すぎる
1950年第11回裁きは終りぬ
1949年第10回情婦マノン
1949年第10回CIELO SULLA PALUDE
1948年第9回ハムレット
1948年第9回SOTTO IL SOLE DI ROMA
1947年第8回荒野の抱擁
1947年第8回真珠
1947年第8回DREAMS THAT MONEY CAN BAY
1947年第8回SIRENA
1946年(正式な国際映画祭として認められていない)南部の人
1942年(正式な国際映画祭として認められていない)偉大なる王者
1942年(正式な国際映画祭として認められていない)BENGASI
1941年(正式な国際映画祭として認められていない)世界に告ぐ
1941年(正式な国際映画祭として認められていない)LA CORONA DI FERRO
1940年(正式な国際映画祭として認められていない)白夜の果てに
1940年(正式な国際映画祭として認められていない)L'ASSEDIO DELL'ALCAZAR
1939年第7回ABUNA MESSIAS
1938年第6回空征かば
1938年第6回美の祭典
1938年第6回民族の祭典
1937年第5回シピオネ
1937年第5回舞踏会の手帖
1936年第4回リビヤ白騎隊
1936年第4回DER KAISER VOR KALIFORNIEN
1935年第3回アンナ・カレニナ
1935年第3回おもかげ
1934年第2回アラン
1934年第2回ドン・ファン
1934年第2回TERESA CONFALONIERI
1932年第1回ジキル博士とハイド氏
1932年第1回自由を我等に
1932年第1回マデロンの悲劇