allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
「パッション」、Box Officeで奇跡を起こす
2004/02/27
 公開前から様々な物議を醸してきたメル・ギブソン監督・製作による問題作「パッション」の公開初日の速報記録がまとまった。それによると、月・火の先行分も含めた興収はなんと2660万ドル(約29億円)にも達したとのこと。水曜日単独では2360万ドルを記録し、水曜日のオープニングとしては歴代5位という快挙となった。上位を占めるのが「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(34.3M)、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」(28.5M)、「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」(26.2M)、「マトリックス レボリューションズ」(24.3M)といった続編、エンターテインメント大作であることからもその偉業ぶりがうかがえる。作品はキリスト最後の12時間を描いたもので、そのセンシティヴな内容からメジャー系配給会社が及び腰となり当初アメリカでの公開がなかなか決まらず、最終的に新興配給会社ニューマーケット・フィルムによって独立系としては異例の大規模公開が実現した。日本での公開は5月の予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION