allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「パッション」3週連続V達成
2004/03/15
 週末の全米映画興行成績は、メル・ギブソン執念の一作「パッション」が、様々な批判をも動員力に変え依然圧倒的な強さで3週連続の1位となった。興収は3166万ドル(約35億円)で、累計を2億6400万ドルとし早くも3億ドルを射程圏に捉えた。気になる日本での公開は5月の予定。2位はスティーヴン・キングの中編『秘密の窓、秘密の庭』(文春文庫刊『ランゴリアーズ』収蔵)を、今ノリに乗ってる男ジョニー・デップ主演で映画化した「シークレット・ウィンドウ(原題)」が初登場ランクイン。デップ扮する小説家の前に、ある日謎の男が現われ、自分の作品を盗作されたと主張し、次第に狂気の行動へとエスカレートしていくサイコ・スリラー。監督は「パニック・ルーム」の脚本家デヴィッド・コープ。デップを震え上がらせる謎の男にはジョン・タートゥーロ。3位にはワンランクダウンとなった「Starsky & Hutch」が続いた。ちなみに、オリジナル「刑事スタスキー&ハッチ」のデヴィッド・ソウルポール・マイケル・グレイザーも揃ってカメオで登場とのこと。そのほか初登場組では、子役出身の人気スター、フランキー・ムニッズのヒット映画続編「Agent Cody Banks 2: Destination London」が5位、デヴィッド・マメット監督、ヴァル・キルマー主演の政治スリラー「Spartan」が10位と共に若干物足りないスタートとなった。また、「ウェディング・シンガー」コンビ、アダム・サンドラードリュー・バリモアのロマンティック・コメディ「50 First Dates」はしっかり1億ドルの大台をクリア、サンドラーにとっては、「Mr.ディーズ」「N.Y.式ハッピー・セラピー」に続く3作連続の大台突破となった。速報順位は以下の通り。1.「パッション」$31.6M  2.「シークレット・ウィンドウ(原題)」$19.0M  3.「Starsky & Hutch」$16.0M  4.「オーシャン・オブ・ファイヤー」$11.7M  5.「Agent Cody Banks 2: Destination London」$8.0M  6.「50 First Dates」$5.3M  7.「ツイステッド(原題)」$3.0M  8.「Confessions of a Teenage Drama Queen」$2.4M  9.「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」$2.0M  10.「Spartan」$2.0M
 今週は、ホラー映画の金字塔、ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」(78)のリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」がいよいよ登場。また、「ヒューマンネイチュア」の監督・脚本コンビ、ミシェル・ゴンドリーチャーリー・カウフマンジム・キャリーを主演に迎えて描くコメディ「エターナル・サンシャイン(仮題)」、アンジェリーナ・ジョリーイーサン・ホーク共演のサスペンス・スリラー「テイキング・ライブス(原題)」なども公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION