allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ディズニー最新アニメ「シュガー・ラッシュ:オンライン」が好スタート
2018/11/26
 週末の全米映画興行成績は、大ヒット・ディズニー・アニメ「シュガー・ラッシュ」の続編「シュガー・ラッシュ:オンライン」が前作を大きく上回る興収5567万ドル(約63億円)の好成績で初登場1位に輝いた。さらに、水曜日の公開初日からの5日間では、感謝祭の週末としては「アナと雪の女王」に次ぐ歴代2位となる興収8447万ドルを叩き出す好スタートを切った。天才レーサーのヴァネロペと心優しい悪役ラルフの親友コンビが、アーケード・ゲームの世界を飛び出し、インターネットの世界で繰り広げる大冒険を描く。声の出演はジョン・C・ライリーサラ・シルヴァーマンガル・ガドット。監督は「シュガー・ラッシュ」「ズートピア」のリッチ・ムーアと、その2作では原案・脚本を担当していたフィル・ジョンストン。「ロッキー」シリーズのスピンオフ作品「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」は2位に初登場ランクイン。1位には及ばなかったものの、こちらも前作を大幅に上回る大ヒット・スタートとなった。ロッキーの親友アポロの息子アドニスが、「ロッキー4/炎の友情」で父と死闘を繰り広げたドラゴの息子との因縁の対決へと挑む。出演はマイケル・B・ジョーダンシルヴェスター・スタローンテッサ・トンプソンドルフ・ラングレンフロリアン・ムティアヌ。監督は長編デビューとなる前作「The Land」がサンダンスで注目された新鋭スティーヴン・ケイプル・Jr。3位にはワンランクダウンで「グリンチ」が続いた。そして前週首位の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は4位に後退となった。「キングスマン」のタロン・エジャトン主演アクション・アドベンチャー「Robin Hood」は7位に初登場。共演はジェイミー・フォックスジェイミー・ドーナンイヴ・ヒューソンベン・メンデルソーン。監督はオットー・バサースト。混戦が予想される今年のオスカー・レースで本命の一角に挙げられている注目作「グリーン・ブック(原題)」が公開規模拡大で圏外から9位にチャートイン。1960年代を舞台に、差別が残る南部でのコンサートツアーを開始した黒人ジャズピアニストと、彼に運転手兼用心棒として雇われたイタリア系アメリカ人の凸凹コンビが、旅を通して深い友情で結ばれていく感動の実話を映画化。主演は「イースタン・プロミス」のヴィゴ・モーテンセンと「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。監督は本作が単独監督デビューとなる「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のピーター・ファレリー。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. シュガー・ラッシュ:オンライン 55.6M (84.4M)
2. クリード 炎の宿敵 35.2M (55.8M)
3. グリンチ 30.2M (180.4M)
4. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 29.6M (117.1M)
5. ボヘミアン・ラプソディ 13.8M (152.0M)
6. 「Instant Family」 12.5M (35.7M)
7. 「Robin Hood」 9.1M (14.2M)
8. 妻たちの落とし前 7.9M (25.5M)
9. グリーン・ブック(原題) 5.4M (7.8M)
10. アリー/ スター誕生 3.0M (191.0M)

 今週は、「プリティ・リトル・ライアーズ」のシェイ・ミッチェル主演ホラー「The Possession of Hannah Grace」が公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION