allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ミスター・ガラス」がV2達成
2019/01/28
 週末の全米映画興行成績は、M・ナイト・シャマラン監督最新サスペンス・スリラー「ミスター・ガラス」が興収1904万ドル(約21億円)で2週目も首位をキープした。累計は7358万ドルとなり、1億ドルを射程圏に捉えた。2位、3位も変わらず「The Upside」、「アクアマン」が続いた。「アタック・ザ・ブロック」のジョー・コーニッシュ監督がアーサー王伝説を現代の英国を舞台に、いじめられっ子の少年たちを主人公に描いた冒険ファンタジー「The Kid Who Would Be King」は4位に初登場。批評家からは軒並み高評価で迎えられたものの、前評判の高さを動員に結びつけられず苦しい船出となってしまった。主演はアンディ・サーキスの息子 Louis Ashbourne Serkis 、共演にレベッカ・ファーガソンパトリック・スチュワートマシュー・マコノヒーアン・ハサウェイ共演サスペンス「Serenity」は8位に初登場ランクイン。フィッシング・ボートの船長をしている男のもとに元妻が現われ、DV夫の殺害に手を貸してほしいと頼まれるが…。共演はダイアン・レインジャイモン・ハンスウジェイソン・クラーク。監督は「ハミングバード」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のスティーヴン・ナイト。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ミスター・ガラス 19.0M (19.0M)
2. 「The Upside」 12.2M (63.1M)
3. アクアマン 7.3M (316.5M)
4. 「The Kid Who Would Be King」 7.2M (7.2M)
5. スパイダーマン:スパイダーバース 6.1M (169.0M)
6. グリーンブック 5.4M (49.0M)
7. 「A Dog's Way Home」 5.2M (30.8M)
8. 「Serenity」 4.8M (4.8M)
9. 「Escape Room」 4.2M (47.9M)
10. ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー 3.6M (28.9M)

 今週は、2011年のメキシコ映画「MISS BALA/銃弾」をキャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演でハリウッド・リメイクしたクライム・アクション「Miss Bala」が公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION