allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米映画興行成績、「ライオン・キング」がV2&タランティーノ新作も好発進
2019/07/29
 週末の全米映画興行成績は、ディズニー製作実写版「ライオン・キング」が興収7552万ドル(約82億円)でV2を達成した。累計は早くも3億5000万ドルを超え、ディズニー・アニメ実写化シリーズとしては「アラジン」を抜いて歴代3位に躍り出た。そして2位にはクエンティン・タランティーノ監督最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が初登場ランクイン。1969年のハリウッドを舞台に、復活を期す落ち目のTV俳優と、長年彼のスタント・ダブルを務めてきた男の友情をノスタルジックに描く。主演は初顔合わせとなるレオナルド・ディカプリオブラッド・ピット。共演にマーゴット・ロビー。首位デビューこそ逃したものの、タランティーノ監督としては「イングロリアス・バスターズ」を超えて、自身最高のオープニング成績を叩き出す好スタートとなった。3位はワンランクダウンで「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が続いた。中国系アメリカ人の Lulu Wang 監督が自らの体験をモチーフに描き、サンダンス映画祭で絶賛されたインディ作品「The Farewell」はわずか130館ほどの公開規模ながら、驚異的なアベレージでみごと10位にランクイン。主演は「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ!」のアウクワフィナ。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ライオン・キング 75.5M (350.7M)
2. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 40.3M (40.3M)
3. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 12.2M (344.4M)
4. トイ・ストーリー4 9.8M (395.6M)
5. クロール ―凶暴領域― 4.0M (31.4M)
6. イエスタデイ 3.0M (63.3M)
7. アラジン 2.7M (345.9M)
8. 「Stuber」 1.6M (20.1M)
9. アナベル 死霊博物館 1.5M (69.7M)
10. 「The Farewell」 1.5M (3.6M)

 今週は、「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」が登場。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION