allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」が新作陣を抑えてV2達成
2019/08/12
 週末の全米映画興行成績は、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」が興収2540万ドル(約27億円)でV2を達成した。累計は早くも1億ドルを突破した。2位にはギレルモ・デル・トロ製作ティーンズ・ホラー「Scary Stories to Tell in the Dark」が初登場ランクイン。アルヴィン・シュヴァルツによるホラー・アンソロジー・シリーズ『だれかが墓地からやってくる』を映画化。出演はゾーイ・コレッティマイケル・ガーザ、Gabriel Rush 。監督は「トロール・ハンター」「ジェーン・ドウの解剖」のアンドレ・ウーヴレダル。3位はワンランクダウンで「ライオン・キング」が続いた。ニコロデオンの人気アニメ「ドーラといっしょに大冒険」をイザベラ・モナー主演で実写映画化したキッズ・アドベンチャー「Dora and the Lost City of Gold」は4位に初登場。共演はマイケル・ペーニャエヴァ・ロンゴリアエウヘニオ・デルベスジェフリー・ウォールバーグ、声の出演でダニー・トレホベニシオ・デル・トロ。監督は「ザ・マペッツ」「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」のジェームズ・ボビン。ガース・スタインのベストセラー『エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語』を映画化した「The Art of Racing in the Rain」は6位に初登場。出演はマイロ・ヴィンティミリアアマンダ・サイフリッドゲイリー・コールキャシー・ベイカーマーティン・ドノヴァン。そして主人公の犬エンゾの声をケヴィン・コスナーが担当。監督は「黄金のアデーレ 名画の帰還」「グッバイ・クリストファー・ロビン」のサイモン・カーティス。7位に初登場の「The Kitchen」はメリッサ・マッカーシーティファニー・ハディッシュエリザベス・モス共演のクライム・アクション。監督は「ストレイト・アウタ・コンプトン」「ブラッド・ファーザー」の脚本家で、これが監督デビューのアンドレア・バーロフ。韓国が誇る世界的人気グループBTS (防弾少年団)のワールドツアーに密着したドキュメンタリー「Bring the Soul: The Movie」は、みごと全米でトップテン入りを果たす快挙を成し遂げた。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ワイルド・スピード/スーパーコンボ 25.4M (108.5M)
2. 「Scary Stories to Tell in the Dark」 20.8M (20.8M)
3. ライオン・キング 20.0M (473.1M)
4. 「Dora and the Lost City of Gold」 17.0M (17.0M)
5. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 11.6M (100.3M)
6. 「The Art of Racing in the Rain」 8.1M (8.1M)
7. 「The Kitchen」 5.5M (5.5M)
8. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 5.3M (370.9M)
9. トイ・ストーリー4 4.4M (419.5M)
10. 「Bring the Soul: The Movie」 2.2M (4.4M)

 今週は、海中パニック・スリラー「海底47m」の続編「47 Meters Down: Uncaged」、スマッシュ・ヒット・アニメ「アングリーバード」の続編「The Angry Birds Movie 2」、セス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグ製作R指定キッズ・コメディ「Good Boys」が登場。その他ケイト・ブランシェット主演、リチャード・リンクレイター監督ドラマ「Where'd You Go, Bernadette」、グリンダ・チャーダ監督音楽コメディ「Blinded By the Light」なども公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book だれかが墓地からやってくる
 ・Book エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION