allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、N・ケイジ主演作が首位
2004/11/22
 週末の全米映画興行成績は、ヒットメイッカー、ジェリー・ブラッカイマーが「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「キング・アーサー」に続いて手掛けたアドベンチャー大作「ナショナル・トレジャー」が興収3529万ドル(約36億円)で初登場1位に輝いた。伝説の秘宝の謎に挑む歴史学者にしてトレジャー・ハンターの主人公は、封印を解く鍵をアメリカ合衆国独立宣言書に見つけ、闇の勢力との壮絶な秘宝争奪戦を繰り広げる。主演は「ザ・ロック」「コン・エアー」「60セカンズ」に続くブラッカイマー作品となるニコラス・ケイジ。ケイジ主演作としてはその「60セカンズ」を超える過去最高のオープニングとなる。監督は「クール・ランニング」「フェノミナン」のジョン・タートルトーブ。2位にはケーブルTVニコロデオンで放映され全米の子どもたちに大人気のTVアニメ「The SpongeBob SquarePants」の劇場版「The SpongeBob SquarePants Movie」がランクイン。主人公のスポンジボブはその名の通り深海に住む四角いパンツをはいたスポンジ=海綿。全米ではこのスポンジボブのキャラクターグッズが氾濫中。興収も1位に肉迫する3350万ドルを稼ぎ出しており舞台をスクリーンに移しても十分な競争力があることを証明してみせた。前週まで2週連続1位の「Mr.インクレディブル」は順位を2つ落として3位に後退。気になる「ファインディング・ニモ」との比較では、週末は五分の成績ながら、平日の数字で「ニモ」ほどの勢いが見られず、3週目にして少しずつ水を開けられてきた。前週の先行で5位と大健闘をみせた「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」は上映館数を2000館近くも増加したものの順位は変わらず5位のままと、思いのほか伸び悩む意外な結果となった。一方清水崇監督の「THE JUON/呪怨」は先週、ついに夢の大台1億ドル突破を実現した。速報順位は以下の通り。
  1.「ナショナル・トレジャー」 $35.2M($35.2M)
  2.「The SpongeBob SquarePants Movie」 $33.5M($33.5M)
  3.「Mr.インクレディブル」 $26.7M($177.8M)
  4.「ポーラー・エクスプレス」 $15.2M($51.0M)
  5.「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」 $10.1M($21.6M)
  6.「After the Sunset」 $5.2M($19.2M)
  7.「レイ」 $4.6M($59.2M)
  8.「THE JUON/呪怨」 $3.8M($104.4M)
  9.「Seed of Chucky」 $3.1M($13.3M)
  10.「ソウ」 $3.0M($50.5M)
 感謝祭のために4連休となる今週は、オリヴァー・ストーン監督の歴史超大作「アレキサンダー」、ジョニー・デップが作家J・M・バリーに扮し名作“ピーター・パン”の誕生秘話を綴る感動作「ネバーランド」が登場。また、ティム・アレン主演のクリスマス・コメディ「Christmas with the Kranks」も公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION