allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
J・ギレンホール&R・ダウニー、D・フィンチャー作品に出演へ
2005/04/20
 「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督がメガフォンを取る伝説のシリアル・キラー“ゾディアック”の映画化「ZODIAC」で、「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホールと「チャーリー」のロバート・ダウニー・Jrの出演が決定した模様。また、マーク・ラファロについても現在出演交渉が進められているという。原作は“ゾディアック”を追ったジャーナリスト、ロバート・グレイスミスの著書『Zodiac』とその続編『Zodiac Unmasked』。“ゾディアック”は1966年から78年にかけて少なくとも37人の命を奪いサンフランシスコ一帯を震撼させた連続殺人鬼。彼は当時地元紙に事件を詳細に語った声明文を送りつけていた。それを基にその新聞で風刺漫画家をしていたロバート氏が事件を調査して作品に書き上げたのが『ZODIAC』。しかし、犯人は現在に至るまでついに捕まることはなかった。日本でも猟奇殺人事件が起きた際にゾディアックの影響が指摘され一時話題になった。そして、映画ファンには「ダーティハリー」のモデルになった事件としても知られる。ジェイク・ギレンホールは原作者でもあるロバート・グレイスミス氏を、ロバート・ダウニーのほうはロバート氏の仲間のレポーター、ポール・エイヴリー氏を演じる。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION