allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「キングダム・オブ・ヘブン」が首位
2005/05/09
 週末の全米映画興行成績は、「グラディエーター」のリドリー・スコット監督、「ロード・オブ・ザ・リング」のオーランド・ブルーム主演による歴史超大作「キングダム・オブ・ヘブン」が初登場1位に輝いた。サマームービーのトップバッターとしても注目が集まっていた本作だったが、興収は2000万ドル(約21億円)と思いのほか伸び悩み、関係者の期待を満足させる好スタートとはいかなかった。ちなみに昨年製作された歴史ものでは、「トロイ」が4686万ドル、「キング・アーサー」1519万ドル、「アレキサンダー」1368万ドルといったようなオープニングを記録している。今後の巻き返しに期待したいところだが、後続にはさらなる強敵が控えており、1億5000万ドルともいわれる製作費の回収は困難な道のりとなりそう。2位には、33年製作のサスペンス・ホラー「肉の蝋人形」を、53年の「肉の蝋人形」に続いてリメイクした「蝋人形の館」が初登場ランクイン。さびれた小さな町で、ノーテンキな学生グループに魔の手が忍び寄る。「24 TWENTY FOUR 」でブレイクしたエリシャ・カスバートやお騒がせセレブ・タレントパリス・ヒルトンなど話題のキャストを集め、手堅いオープニングに成功。3位は前週1位の「銀河ヒッチハイク・ガイド」となった。そして「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本でアカデミー賞にノミネートされたポール・ハギスが監督・脚本を務めた「Crash」が4位に初登場。ロサンジェルスを舞台に、様々な人種の登場人物たちの人生がひとつのカージャックをきっかけに激しく交錯していく社会派サスペンス・ドラマ。人種間摩擦や貧富の格差など現代アメリカ社会が抱える様々な問題を盛り込んだテーマ性とサンドラ・ブロックドン・チードルジェニファー・エスポジートマット・ディロンら実力派キャスト陣によるアンサンブルが批評家の高い評価を得て、少ない公開館数ながらみごと上位進出を果たした。速報順位は以下の通り。
  1.「キングダム・オブ・ヘブン」 $20.0M($20.0M)
  2.「蝋人形の館」 $12.2M($12.2M)
  3.「銀河ヒッチハイク・ガイド」 $9.1M($35.1M)
  4.「Crash」 $9.1M($9.1M)
  5.「ザ・インタープリター」 $7.5M($54.0M)
  6.「トリプルX/ステイト・オブ・ザ・ユニオン(原題)」 $5.4M($20.7M)
  7.「The Amityville Horror」 $3.1M($60.1M)
  8.「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」 $3.1M($61.3M)
  9.「A Lot Like Love」 $3.0M($18.7M)
  10.「Fever Pitch」 $2.0M($39.0M)
 今週は、レニー・ハーリン監督のサスペンス・スリラー「Mindhunters」、ウィル・フェレルロバート・デュヴァル共演で少年サッカーをめぐる父子三代の確執を描くコメディ「Kicking & Screaming」、ジェーン・フォンダの女優復帰が話題のジェニファー・ロペス主演コメディ「Monster-in-Law」、そしてジェット・リー最新アクション「ダニー・ザ・ドッグ」などが公開予定。

【関連商品−Amazon−】
 ・DVD グラディエーター
 ・DVD 肉の蝋人形 コレクターズ・エディション
 ・DVD 24 -TWENTY FOUR- シーズン1 DVDコレクターズ・ボックス
 ・DVD 24 -TWENTY FOUR- シーズン2 DVDコレクターズ・ボックス (通常版)
 ・DVD 24 -TWENTY FOUR- シーズン3 DVDコレクターズ・ボックス


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION