allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ジェーン・フォンダ復帰作が首位
2005/05/16
 週末の全米映画興行成績は、「アイリスへの手紙」(90)以来のスクリーン復帰となる大女優ジェーン・フォンダジェニファー・ロペスの共演で話題を集めるロマンティック・コメディ「Monster-in-Law」が、予想を大きく上回る興収2402万ドル(約26億円)でみごと初登場1位に輝いた。完璧な男性にめぐり会えたと喜ぶヒロインの前に、彼の母親が現われ、2人の仲を引き裂こうとあの手この手で妨害工作を開始、かくして一人の男性をめぐって母親と恋人が彼の見えないところで激しい暗闘を繰り広げ…。共演は「エイリアス」シリーズのマイケル・ヴァルタン。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。こちらも親と子の世代間闘争がコミカルに描かれるウィル・フェレルロバート・デュヴァル共演のコメディ「Kicking & Screaming」は初登場2位にランクイン。1位はならなかったものの、2090万ドルのオープニングは立派な数字。祖父の勝利第一主義という考え方に長年反発してきた息子が、我が子の所属するダメ少年サッカーチームのコーチとなり、祖父率いる強豪チームに対抗していくうち、しらぬまに祖父と同じような性格が表に出てきてしまい…。監督はジェシー・ディラン。「キス・オブ・ザ・ドラゴン」に続くリュック・ベッソン製作、ジェット・リー主演のアクション「ダニー・ザ・ドッグ」は3位に初登場。殺人マシーンとして育てられた男が、盲目のピアニストと出会い、人間の心を取り戻していく。共演はモーガン・フリーマン。監督は「トランスポーター」のルイ・レテリエ。前週1位の「キングダム・オブ・ヘブン」は4位に後退。そしてレニー・ハーリン監督のサスペンス・スリラー「Mindhunters」は10位に初登場となった。速報順位は以下の通り。
  1.「Monster-in-Law」 $24.0M($24.0M)
  2.「Kicking & Screaming」 $20.9M($20.9M)
  3.「ダニー・ザ・ドッグ」 $10.5M($10.5M)
  4.「キングダム・オブ・ヘブン」 $9.6M($35.0M)
  5.「Crash」 $7.2M($19.7M)
  6.「蝋人形の館」 $6.2M($21.6M)
  7.「銀河ヒッチハイク・ガイド」 $4.7M($43.2M)
  8.「ザ・インタープリター」 $4.4M($61.0M)
  9.「トリプルX/ステイト・オブ・ザ・ユニオン(原題)」 $2.2M($24.47M)
  10.「Mindhunters」 $2.0M($2.0M)
 今週は、いよいよシリーズ最後を飾る「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が登場。

【関連商品−Amazon−】
 ・DVD 黄昏
 ・DVD コールガール
 ・DVD 9時から5時まで
 ・DVD チャイナ・シンドローム
 ・DVD 帰郷
 ・DVD バーバレラ
 ・DVD 「エイリアス」シリーズ
 ・DVD シャイニー・レディース・パック キューティ・ブロンド 特別編 / フォー・ウェディング
 ・DVD キス・オブ・ザ・ドラゴン (期間限定 特別価格版)
 ・DVD トランスポーター
 ・DVD スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
 ・DVD スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION