allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「バットマン ビギンズ」がV2達成
2005/06/27
 期待の新作3本が公開された週末の全米映画興行成績だが、結局1位を獲得したのは前週に引き続きクリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演の「バットマン ビギンズ」となった。興収は2週目も2677万ドル(約29億円)を稼ぎ出し、トータルでは1億2169万ドルとして楽々と大台をクリア、2億ドルも狙える勢いを見せている。2位に初登場となったのは、往年の人気TVシリーズ「奥様は魔女」をニコール・キッドマンと、このところ「Elf」「Anchorman: The Legend of Ron Burgundy」「Kicking & Screaming」と Box Office で大ヒットを連発している人気コメディアン、ウィル・フェレル共演でリメイクしたロマンティック・コメディ「奥さまは魔女」。リメイク版では2人は夫婦ではなく、落ち目のスターが往年の人気シットコム「奥様は魔女」のリメイクを企画、ヒロイン、サマンサ役には口元の仕草が完璧だったことからまったくの素人の女性を大抜擢、ところが彼女は普通の恋がしたいと願う本物の魔女だった…、というちょっとひねった内容となっている。監督は「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン。共演はマイケル・ケインシャーリー・マクレーン。3位はワンランクダウンの「Mr.&Mrs. スミス」が続いた。こちらもしっかりと1億ドルをクリア、順調に数字を伸ばしている。そして4位には、「フォーチュン・クッキー」の人気アイドル、リンジー・ローハンが「ラブ・バッグ」シリーズをリメイクした「ハービー/機械じかけのキューピッド」が初登場ランクイン。人間のように感情を持った不思議なクルマ、フォルクスワーゲンのハービーとレーサーを夢みる少女マギーが繰り広げるキュートな冒険の物語。そして御大ジョージ・A・ロメロ監督による「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」「ゾンビ」「死霊のえじき」に続く“リビング・デッド・シリーズ”待望の第4弾「ランド・オブ・ザ・デッド」は初登場5位にランクイン。ゾンビで埋め尽くされた終末世界、それでも富める者は高層ビル群に立てこもり優雅な生活を謳歌し、貧しき者はより進化したゾンビたちの街への侵入に怯えながらストリートでの悲惨な生活に甘んじていた…。出演はサイモン・ベイカーデニス・ホッパーアーシア・アルジェントジョン・レグイザモ。ファンはもとより、批評家筋からも好意的なレビューが並び、早くも噂される続編への期待もますます高まっている。注目の日本公開は8月下旬。速報順位は以下の通り。
  1.「バットマン ビギンズ」 $26.7M($121.6M)
  2.「奥さまは魔女」 $20.2M($20.2M)
  3.「Mr.&Mrs. スミス」 $16.7M($125.4M)
  4.「ハービー/機械じかけのキューピッド」 $12.7M($17.7M)
  5.「ランド・オブ・ザ・デッド」 $10.2M($10.2M)
  6.「マダガスカル」 $7.3($160.1M)
  7.「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」 $6.2M($358.6M)
  8.「ロンゲスト・ヤード(原題)」 $5.4M($141.8M)
  9.「The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D」 $3.4M($30.4M)
  10.「シンデレラマン」 $3.3M($49.6M)
 今週は、いよいよ今年最大の目玉作品、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演で贈るSF超大作「宇宙戦争」が6月29日全世界同時公開! 果たしてどのようなオープニング記録を打ち立ててくれるのか、全世界が注目。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book 宇宙戦争
 ・DVD 宇宙戦争
 ・DVD バットマン
 ・DVD 「奥さまは魔女 DVD-BOX」シリーズ
 ・DVD ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE
 ・DVD 死霊のえじき 完全版


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION