allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「宇宙戦争」が好スタート
2005/07/05
 7月4日が独立記念日のため週末4日間の集計となった全米映画興行成績は、スティーヴン・スピルバーグトム・クルーズの強力ダッグで贈るSF超大作「宇宙戦争」が7760万ドル(約86億円)という関係者の期待にまずまず応える成績で初登場1位に輝き、トムの43回目のバースデイに大きな華を添えた。ただし、ちょうど1年前、同じ独立記念日の週の水曜日に公開された「スパイダーマン2」の週末4日間の成績1億1580万ドルには及ばなかった。順を追って両作を比較してみると、まず水曜日の初日、「スパイダーマン2」は4040万ドルで水曜日公開作の初日興収記録を更新、一方「宇宙戦争」は2125万ドルで同歴代7位、公開後5日間トータルでは「スパイダーマン2」の1億5260万ドルに対して1億0170万ドル、同6日間では「スパイダーマン2」の1億8000万ドルに「宇宙戦争」の1億1328万ドルという結果になった。記録更新はならなかったが、配給のパラマウントにとっても主演のトムにとっても過去最高のオープニングとなりそれなりに満足のいくものとなった。ちなみにスティーヴン・スピルバーグ監督は先週、早くも次回作となるミュンヘン・オリンピックを題材にした作品の撮影に入ったことが報じられている。前週まで2週連続首位だった「バットマン ビギンズ」は2位に後退、3位は前週と変わらず「Mr.&Mrs. スミス」が続いた。また、「バッドボーイズ」シリーズのマーティン・ローレンス主演のコメディ「Rebound」は7位に初登場となった。速報順位は以下の通り。
  1.「宇宙戦争」 $77.6M($113.2M)
  2.「バットマン ビギンズ」 $18.6M($154.1M)
  3.「Mr.&Mrs. スミス」 $12.7M($146.0M)
  4.「奥さまは魔女」 $10.8M($40.3M)
  5.「ハービー/機械じかけのキューピッド」 $10.5M($36.8M)
  6.「マダガスカル」 $7.0M($172.4M)
  7.「Rebound」 $6.0M($6.0M)
  8.「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」 $5.0M($366.4M)
  9.「ロンゲスト・ヤード(原題)」 $3.5M($148.2M)
  10.「ランド・オブ・ザ・デッド」 $3.2M($16.7M)
 今週は、「ザ・リング」シリーズの成功も記憶に新しい鈴木光司原作の「仄暗い水の底から」を「モーターサイクル・ダイアリーズ」のウォルター・サレス監督、ジェニファー・コネリー主演でリメイクした「ダーク・ウォーター」が登場。さらに人気コミック原作のアクション大作「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」も公開予定。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book 宇宙戦争
 ・DVD 宇宙戦争
 ・Book 仄暗い水の底から
 ・DVD 仄暗い水の底から
 ・DVD モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
 ・DVD バッドボーイズ ツインパック
 ・DVD バットマン
 ・DVD 「奥さまは魔女 DVD-BOX」シリーズ
 ・DVD ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE
 ・DVD 死霊のえじき 完全版


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION