allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』映画化、監督決定か
2005/09/02
 ベン・メズリックのベストセラー『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』(アスペクト)の映画化(タイトルは「Breaking Vegas」から「21」に変更)で、「ジャスト・マリッジ」のショーン・レヴィが監督に向けて交渉中であることが明らかとなった。当初「ラッシュアワー」「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナーが候補に挙がっていたが、「X-Men 3」の監督をすることになり降板していた。製作にはケヴィン・スペイシーの制作プロダクションが当たり、スペイシー自身もメインキャストの一人として出演する予定。原作は、MIT(マサチューセッツ工科大学)に在籍する数学の天才学生6人が、確率理論を駆使した“カードカウンティング”という必勝法を用い、巧みなチームプレイと頭脳戦でラスヴェガスのカジノで大金を巻き上げ、カジノ経営者たちを恐怖に陥れたという実話を描いたノンフィクション。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book ラス・ヴェガスをブッつぶせ!


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION