allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
放送批評家協会賞発表!
2006/01/10
 9日、オスカー前哨戦注目の映画賞の一つ、放送批評家協会による批評家選出賞(Critics' Choice Awards)が発表され、作品賞にはアン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」が選ばれ、アカデミー賞へ向け大きく前進した。

(受賞=★)

【作品賞】
★「ブロークバック・マウンテン
 「カポーティ
 「シンデレラマン
 「コンスタント・ガーデナー(原題)
 「クラッシュ
 「グッドナイト&グッドラック
 「キング・コング
 「SAYURI
 「ミュンヘン
 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

【監督賞】
 ジョージ・クルーニー 「グッドナイト&グッドラック
 ポール・ハギス 「クラッシュ
 ロン・ハワード 「シンデレラマン
 ピーター・ジャクソン 「キング・コング
アン・リー 「ブロークバック・マウンテン
 スティーヴン・スピルバーグ 「ミュンヘン

【主演男優賞】
 ラッセル・クロウ 「シンデレラマン
フィリップ・シーモア・ホフマン 「カポーティ
 テレンス・ダッション・ハワード 「Hustle & Flow」
 ヒース・レジャー  「ブロークバック・マウンテン
 ホアキン・フェニックス 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
 デヴィッド・ストラザーン 「グッドナイト&グッドラック

【主演女優賞】
 ジョーン・アレン 「The Upside of Anger」
 ジュディ・デンチ 「Mrs. Henderson Presents」
 フェリシティ・ハフマン 「Transamerica」
 キーラ・ナイトレイ 「プライドと偏見
 シャーリーズ・セロン 「スタンドアップ
リース・ウィザースプーン 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

【助演男優賞】
 ジョージ・クルーニー 「シリアナ
 ケヴィン・コスナー 「The Upside of Anger」
 マット・ディロン 「クラッシュ
ポール・ジアマッティ 「シンデレラマン
 ジェイク・ギレンホール 「ブロークバック・マウンテン
 テレンス・ダッション・ハワード 「クラッシュ

【助演女優賞】(同時受賞)
エイミー・アダムス 「Junebug」
ミシェル・ウィリアムズ 「ブロークバック・マウンテン
 マリア・ベロ 「ヒストリー・オブ・バイオレンス
 キャサリン・キーナー 「カポーティ
 フランシス・マクドーマンド 「スタンドアップ
 レイチェル・ワイズ 「コンスタント・ガーデナー(原題)

【アンサンブル演技賞】
★「クラッシュ
 「グッドナイト&グッドラック
 「Rent」
 「シリアナ
 「シン・シティ

【外国語映画賞】
 「Cache」
★「カンフーハッスル

 「オールド・ボーイ
 「Paradise Now」
 「2046

【コメディ作品賞】
★「The 40 Year-Old Virgin」
 「キス・キス、バン・バン(原題)
 「Mrs. Henderson Presents」
 「プロデューサーズ
 「The Wedding Crashers」

【アニメーション賞】
 「チキン・リトル
 「ティム・バートンのコープスブライド
 「ハウルの動く城
 「マダガスカル
★「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!

【脚本賞】
 「イカとクジラ(仮題)
 「グッドナイト&グッドラック
 「カポーティ
★「クラッシュ
 「ブロークバック・マウンテン

【長編ドキュメンタリー賞】
 「Enron - The Smartest Guys in the Room」
 「Grizzly Man」
 「ステップ!ステップ!ステップ!
★「皇帝ペンギン
 「Murderball」

【若手男優賞】
フレディ・ハイモア 「チャーリーとチョコレート工場

【若手女優賞】
ダコタ・ファニング 「宇宙戦争

【ファミリー映画賞(実写)】
★「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

【歌曲賞】
★“Hustle & Flow” - Terrence Howard - “Hustle & Flow”

【音楽賞】
ジョン・ウィリアムズ 「SAYURI

【TVムービー賞】
★「Into the West」

■過去の受賞結果→ 放送批評家協会賞


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION