allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、サミュエル・L・ジャクソン主演パニック映画が首位
2006/08/21
 週末の全米映画興行成績は、サミュエル・L・ジャクソン主演のサスペンス・スリラー「スネイクス・オン・ア・プレイン(原題)」が初登場1位を獲得した。ただし、興収は1525万ドル(約18億円)に止まり、期待通りのオープニングとは行かなかった。飛行中の旅客機内で、乗客の一人である重要証人を暗殺するため大量の毒ヘビが放たれ、満員の乗客たちに逃げ場のない恐怖が襲い掛かる。B級感いっぱいの設定で観客の満足度も上々なことから、今後の巻き返しに期待がかかる。監督はB級サスペンスの傑作「セルラー」を手掛けたデヴィッド・R・エリスウィル・フェレル主演コメディ「Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby」は2位に後退したものの、まだまだ勢いは衰えておらず、どうやら1億5000万ドルも余裕でクリアしそう。3位は前週と変わらず「ワールド・トレード・センター」、そして4位にはジャスティン・ロング主演の学園コメディ「Accepted」が初登場でランクイン。大学進学にことごとく失敗してしまった高校3年生の主人公は、教育熱心な両親をダマすため同じ境遇の友人たちとニセの大学をデッチ上げるのだったが…。「ハイ・フィデリティ」の脚本などを手掛けたスティーヴ・ピンクの監督デビュー作。そして、グレッグ・キニアトニ・コレット共演のハートフル・コメディ「Little Miss Sunshine」は公開館数を増やして圏外から7位にジャンプアップ。“リトル・ミス・サンシャイン・コンテスト”優勝を夢みる末娘の願いを叶えてあげようと、崩壊しかけた家族はオンボロのマイクロバスで大陸横断の旅に出るのだが…。ヒラリー・ダフヘイリー・ダフ姉妹初共演作「Material Girls」は初登場9位にランクインとなった。この夏最大のヒット作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」はとうとう4億ドルを超え、歴代6位の「スパイダーマン」まで目前というところまで迫ってきた。速報順位は以下の通り。
順位   タイトル 興収$ 累計$
1. スネイクス・オン・ア・プレイン(原題) 15.2M (15.2M)
2. 「Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby」 14.1M (114.6M)
3. ワールド・トレード・センター 10.8M (45.0M)
4. 「Accepted」 10.1M (10.1M)
5. 「Step Up」 9.8M (39.4M)
6. 「Barnyard」 7.4M (45.9M)
7. 「Little Miss Sunshine」 5.6M (12.7M)
8. パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 5.0M (401.0M)
9. 「Material Girls」 4.6M (4.6M)
10. 「Pulse」 3.5M (14.7M)
 今週は、アメリカン・フットボールをテーマにしたマーク・ウォールバーグ主演ドラマ「Invincible」、ジェイ・チャンドラセカール監督コメディ「Beerfest」、トマス・ロックウェル原作のロングセラー児童小説『ミミズ・フライの食べ方』(早川書房)をボブ・ドルマン監督で映画化したキッズ・コメディ「How to Eat Fried Worms」などが公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book  ミミズ・フライの食べ方


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION