allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、マーク・ウォールバーグ主演作がV2達成
2006/09/05
 レイバーデイを迎え、金〜月曜日の4日間の集計となったサマーシーズン最後の週末の全米映画興行成績は、マーク・ウォールバーグ主演のスポーツ・ドラマ「Invincible」が興収1520万ドル(約17億円)でみごと2週連続の首位獲得に成功した。2位には「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム主演最新アクション「Crank」が初登場ランクイン。主人公の殺し屋は、ある日何者かに毒を盛られてしまう。しかも、その毒は、心拍がある一定以下に落ちると死んでしまうというとんでもない代物だった。主人公は自らをこんな目に陥れた連中への復讐に乗り出すが…。奇抜な設定で観客のウケもまずまずのようだが、成績のほうは多少物足りないスタートとなってしまった。そして、さらに関係者の期待を裏切るオープニングとなったのがニコラス・ケイジ主演のホラー・ミステリー「The Wicker Man」で、初登場3位のスタートとなった。行方不明になった少女を捜して小さな島へと渡った主人公は、そこで不気味な謎の集団と遭遇する。オリジナルは映画ファンから高い評価を受ける70年代カルト・ホラーの傑作「ウィッカーマン」。企画段階から映画ファンの熱い視線を集めてきたリメイク版だが、やはり偉大なオリジナルを越えるためのハードルはあまりにも高すぎたようだ。監督は「ベティ・サイズモア」のニール・ラビュート。公開館数を徐々に増やしてきてついに圏外から5位にランクインしてきたのは「レッド・ドラゴン」「25時」のエドワード・ノートン主演の幻想ミステリー「The Illusionist」。19世紀末のウィーン、天才奇術師アイゼンハイムは、今では皇太子の婚約者となってしまった初恋の女性を取り戻すべく、自らの奇術を駆使して強大なライバルに立ち向かう。原作はスティーヴン・ミルハウザーの傑作短編小説『幻影師、アイゼンハイム』(『バーナム博物館』所収)。共演はポール・ジアマッティジェシカ・ビール、監督は Neil Burger。速報順位は以下の通り。
順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「Invincible」 15.2M (37.8M)
2. 「Crank」 13.0M (13.0M)
3. 「The Wicker Man」 11.7M (11.7M)
4. 「Little Miss Sunshine」 9.7M (35.8M)
5. 「The Illusionist」 8.0M (12.0M)
6. 「Talladega Nights: The Ballad of Ricky Bobby」 7.7M (138.3M)
7. 「Barnyard」 6.4M (63.5M)
8. 「Accepted」 5.9M (29.4M)
9. ワールド・トレード・センター 5.8M (63.7M)
10. 「Step Up」 5.4M (58.3M)
 今週は、レニー・ハーリン監督ホラー「The Covenant」が登場。その他、50年代にTVシリーズのスーパーマン役で活躍した俳優ジョージ・リーヴスのミステリアスな死の謎に迫るエイドリアン・ブロディ主演のクライム・ミステリー「Hollywoodland」、トニー・ジャー主演アクション「トム・ヤム・クン!」も上位進出を狙う。

【関連商品−allcinema SELECTION−】
 ・DVD ウィッカーマン 特別完全版


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION