allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ソニー製作アニメ「オープン・シーズン」が初登場首位
2006/10/02
 週末の全米映画興行成績は、ソニー・ピクチャーズ・アニメーション作品第1弾「オープン・シーズン」が興収2300万ドル(約27億円)で初登場1位を獲得した。人間に育てられた甘えん坊のクマのブーグが、お調子者のシカ、エリオットにそそのかされて“オープン・シーズン(狩猟解禁日)”間近の森に足を踏み入れ、初めての野生の暮らしに悪戦苦闘する。無難な題材でオープニングを手堅くまとめ、新会社としてはほっと一安心の船出となった。ブーグの声をマーティン・ローレンス、一方のエリオットにアシュトン・カッチャー。2位には、そのアシュトン・カッチャーがケヴィン・コスナーと共演したアクション・アドベンチャー「守護神」が初登場ランクイン。沿岸警備隊の海難レスキュー員を目指す青年と伝説の鬼教官との葛藤と絆を描く。監督はアンドリュー・デイヴィス。前週首位の「ジャッカス:ナンバー2」は3位に後退。そして4位には、「アダルト♂スクール」のトッド・フィリップス監督最新コメディ「School for Scoundrels」がランクイン。気弱な青年が自分を変えようと怪しげなスクールに入講するが…。主演は、ヘタレ青年に「バス男」のジョン・ヘダー、型破りの講師にビリー・ボブ・ソーントン。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. オープン・シーズン 23.0M (23.0M)
2. 守護神 17.6M (17.6M)
3. ジャッカス:ナンバー2 14.0M (51.4M)
4. 「School for Scoundrels」 9.1M (9.1M)
5. SPIRIT 4.7M (17.7M)
6. 「Gridiron Gang」 4.5M (33.1M)
7. 「The Illusionist」 2.8M (31.4M)
8. 「Flyboys」 2.3M (9.9M)
9. ブラック・ダリア 2.0M (20.6M)
10. リトル・ミス・サンシャイン 2.0M (53.1M)

 今週は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオマット・デイモン共演の話題作「ディパーテッド」が登場。その他、「テキサス・チェーンソー」の前日譚を描く「テキサス・チェーンソー ビギニング」、ジェシカ・シンプソン主演コメディ「Employee of the Month」などが公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION