allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ハッピー フィート」がV2達成
2006/11/27
 感謝祭の週末となった全米映画興行成績は、前週に引き続きワーナー製作CGアニメ「ハッピー フィート」が興収3794万ドル(約43億円)で首位をキープした。累計は早くも1億ドルを超え、予想以上の快進撃が続いている。2位も前週に引き続き「007/カジノ・ロワイヤル」がキープ。こちらも順調に数字を伸ばして1億ドル目前となっている。そして3位には、「マイ・ボディガード」に続いてトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演コンビで贈るサスペンス・アクション「デジャヴ」が初登場ランクイン。ATF捜査官の主人公が救い出した一人の女性。彼女に“デジャヴ”を感じた主人公は、やがてそれが単なる思いこみではなく、重大な事件の鍵を握ることに気づき謎の解明に奔走する。製作はヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマー。4位も初登場で、ダニー・デヴィートマシュー・ブロデリック共演のクリスマス・コメディ「Deck the Halls」がランクイン。お隣同士が毎年、家のクリスマス・デコレーションを競い合ううち、次第にエスカレートしてしまい…。監督はジョン・ホワイトセルサシャ・バロン・コーエン主演の「Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan」はとうとう1億ドルを突破した。エミリオ・エステヴェスが監督を務めた群像ドラマ「ボビー(原題)」は拡大公開により圏外から9位へとチャートイン。ロバート・F・ケネディ暗殺現場となったアンバサダー・ホテルを舞台に、暗殺当日の一夜に起こる様々な人間模様を豪華キャストで描くアンサンブル・ドラマ。キャスティング段階から様々なトラブルに見舞われ完成も危ぶまれていた「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー監督待望の新作「ファウンテン」は10位に初登場。永遠の生を受けた一人の男を軸に、16世紀、現代、26世紀という3つの時代にまたがる壮大な愛の物語を描くSF大河ロマン。主演はヒュー・ジャックマンレイチェル・ワイズ。監督とレイチェル・ワイズはこの作品がきっかけで婚約、6月には男の子も誕生した。ジャック・ブラックと相棒カイル・ガスによるユニットテネイシャスDをフィーチャーしたヘヴィ・ロック・コメディ「Tenacious D: The Pick of Destiny」は幅広い層を取り込めず初登場11位とみごとに玉砕した。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ハッピー フィート 37.9M (100.1M)
2. 007/カジノ・ロワイヤル 31.0M (94.2M)
3. デジャヴ 20.8M (29.0M)
4. 「Deck the Halls」 12.0M (16.9M)
5. 「Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan」 10.4M (109.2M)
6. ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦! 10.0M (67.1M)
7. 「Stranger Than Fiction」 6.0M (32.7M)
8. マウス・タウン ロディとリタの大冒険 5.8M (57.3M)
9. ボビー(原題) 4.9M (6.1M)
10. ファウンテン 3.7M (5.4M)

 今週は、キャサリン・ハードウィック監督、ケイシャ・キャッスル=ヒューズ主演でキリスト降誕の物語を描く「The Nativity Story」が登場。その他、“ナショナル・ランプーン”シリーズの「Van Wilder」の続編「Van Wilder 2: The Rise of Taj」、バックパッカーたちがブラジルのジャングルで恐ろしい目に遭うスリラー「Turistas」などが公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION