allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「レミーのおいしいレストラン」が初登場1位
2007/07/02
 週末の全米映画興行成績は、ディズニー&ピクサー最新アニメ「レミーのおいしいレストラン」が興収4722万ドル(約58億円)で初登場1位に輝いた。シェフを夢見るネズミのレミーと料理が苦手の見習いシェフのリングイニが繰り広げる友情と奇跡の感動ファンタジー。一時は毎回前作のオープニングを更新してきたピクサーだったが、その記録も前作「カーズ」で止まり、今回は99年の「トイ・ストーリー2」以降では最低のオープニングとなるなど Box Office 的にはピクサー神話に翳りが見え始めてきた。一方、ブルース・ウィリス主演大ヒット・アクション・シリーズ久々の最新作「ダイ・ハード4.0」は初登場2位にランクイン。水曜日の公開初日からの累計では4817万ドルと「レミーのおいしいレストラン」に匹敵する数字でまずますの結果を残した。監督は「アンダーワールド」のレン・ワイズマン。前週首位の「エバン・オールマイティ」は3位に後退。1億ドルが厳しくなってきた。「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」のマイケル・ムーア監督が医療保険をテーマに究極の格差社会、アメリカの実態に斬れ込む最新ドキュメンタリー「シッコ」は少ない公開館数ながら高いアベレージで圏外から一気に9位にジャンプアップ。先進国では例外的に国民皆保険制度を持たず、民間の医療保険のみによって成り立っているアメリカの医療現場が抱える様々な矛盾がムーア監督お得意の体当たりリポートで赤裸々に暴かれていく。大半のアメリカ人が他国の国民に比べていかに不合理・理不尽な状況に置かれているかを当のアメリカ人に啓蒙する目的の作品ではあるが、格差が進み民営化が加速している日本にも学ぶべき所の多い作品といえるかも知れない。スーザン・マイノットの同名小説を名カメラマン、ラホス・コルタイの監督、クレア・デインズ主演で映画化したドラマ「Evening」は10位に初登場。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. レミーのおいしいレストラン 47.2M (47.2M)
2. ダイ・ハード4.0 33.1M (48.1M)
3. エバン・オールマイティ 15.0M (60.6M)
4. 1408(原題) 10.6M (40.3M)
5. ファンタスティック・フォー:銀河の危機 9.0M (114.8M)
6. 「Knocked Up」 7.4M (122.4M)
7. オーシャンズ13 6.0M (102.0M)
8. パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 5.0M (295.7M)
9. シッコ 4.5M (4.6M)
10. 「Evening」 3.5M (3.5M)

 今週は、話題の超大作「トランスフォーマー」がいよいよ登場。ロビン・ウィリアムズマンディ・ムーア出演のラブコメディ「License to Wed」も公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION