allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
エイリアン、サブリナ…フィルム登録簿今年の追加作決まる
2002/12/18
 米国議会図書館は、今年新たに国立フィルム登録簿に追加された25作品を発表した。これは1989年より始まったフィルム登録制度で、発表より10年以上たち、国民の文化・芸術の向上に寄与した作品を映画に限らず毎年25本選定するというもの。今年度分を含めこれまでに350本が登録されている。今年新たに選ばれた作品は以下の通り。
・「美女と野獣」(1991)――ゲイリー・トルースデールカーク・ワイズ監督
・「ボーイズ’ン・ザ・フッド」(1991)――ジョン・シングルトン
・「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(1984)――ジム・ジャームッシュ
・「スパイナル・タップ」(1984)――ロブ・ライナー監督
・「エイリアン」(1979)――リドリー・スコット監督
・「ワイルド・ブラック/少年の黒い馬」(1979)――キャロル・バラード監督
・「Fuji」(1974)――Robert Breer監督
・「Why Man Creates」(1968)――Elaine Bass&Saul Bass監督
・「夜の大捜査線」(1967)――ノーマン・ジュイソン監督
・「終りなき夏」(1966)――ブルース・ブラウン監督
・「Through Navajo Eyes」(1966)
・「荒れ狂う河」(1960)――エリア・カザン監督
・「麗しのサブリナ」(1954)――ビリー・ワイルダー監督
・「All My Babies」(1953)
・「地上(ここ)より永遠に」(1953)――フレッド・ジンネマン監督
・「悪人と美女」(1952)――ヴィンセント・ミネリ監督
・「これがシネラマだ」(1952)――アーネスト・B・シュードサック監督
・「真珠」(1942)――エミリオ・フェルナンデス監督
・「Melody Ranch」(1940)――ジョセフ・サントリー監督
・「Punch Drunks」(1934)――ルー・ブレスロウ監督
・「From Stump to Ship」(1930)
・「Theodore Case Sound Tests: Gus Visser and His Singing Duck」(1925)
・「ウィンダミア夫人の扇」(1925)――エルンスト・ルビッチ監督
・「Wild and Wooly 」(1917)――ジョン・エマーソン監督
・「Star Theatre」(1901)――Frederick S. Armitage監督


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION