allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ダークナイト」がV4達成、歴代成績2位も目前に
2008/08/11
  週末の全米映画興行成績は、公開4週目となる「ダークナイト」が新作の追撃をかわしてみごと首位キープに成功した。累計は4億4154万ドルとなり、ついに「シュレック2」を抜いて歴代3位まで浮上、2位の「スター・ウォーズ」越えもいよいよ時間の問題となってきた。アベレージでは「ダークナイト」を上回ったもののスクリーン数の差で2位デビューとなったのは、ジャド・アパトー(製作・脚本)&セス・ローゲン(主演・脚本)の「Knocked Up」コンビで贈る過激犯罪コメディ「Pineapple Express」。水曜日公開ということもあり、週末のオープニングでは「Knocked Up」や「スーパーバッド 童貞ウォーズ」には及ばなかったものの、本作も評判は上々で、1億ドルを十分狙えるまずまずの滑り出しとなった。ヤク中で怠け者のダメ男デイルは、同じくダメ男のディーラー、ソウルから珍しい麻薬“パイナップル・エクスプレス”を手に入る。その帰り道、麻薬王が男を射殺するところを目撃、パニクって現場にパイナップル・エクスプレスを落としてしまったことから足が付き、ソウルと共に裏社会の男たちに命を狙われるハメとなり…。共演はジェームズ・フランコ、監督はハリウッド期待の新鋭デヴィッド・ゴードン・グリーン。そして4位には、アン・ブラッシェアーズの人気YA小説映画化第2弾「旅するジーンズと19歳の旅立ち」が初登場ランクイン。不思議なパンツを共有する少女4人の大人への歩みと変わらぬ友情を描く青春ストーリー。前作公開後、「アグリー・ベティ」のアメリカ・フェレーラをはじめ、主演の4人がそれぞれに知名度を上げたことで続編製作には紆余曲折が生じてしまったが、無事完成にこぎ着けた関係者の苦労が報われたかは微妙なオープニングに終わった。監督はサナー・ハムリ。また、「ダークナイト」の一大旋風に呑み込まれてしまった印象のメリル・ストリープ主演ミュージカル「マンマ・ミーア!」だったが、そんな中でも堅調な興行を展開、ついに1億ドルを突破、昨年夏に大きな話題を振りまいたミュージカル「ヘアスプレー」に劣らぬ立派な結果を残した。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ダークナイト 26.0M (441.5M)
2. 「Pineapple Express」 22.4M (40.4M)
3. ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 16.1M (70.6M)
4. 旅するジーンズと19歳の旅立ち 10.7M (19.7M)
5. 「Step Brothers」 8.9M (80.9M)
6. マンマ・ミーア! 8.0M (104.0M)
7. センター・オブ・ジ・アース 4.8M (81.7M)
8. ハンコック 3.3M (221.7M)
9. 「Swing Vote」 3.1M (12.0M)
10. WALL・E/ウォーリー 3.0M (210.1M)

 今週は、豪華キャストで描く戦争映画パロディ「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」が登場。その他、アニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」、アレクサンドル・アジャ監督最新ホラー「Mirrors」なども公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book トラベリング・パンツジーンズ・フォーエバー (単行本)


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION