allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、戦争映画パロディ「トロピック・サンダー」が初登場首位
2008/08/18
  週末の全米映画興行成績は、豪華キャスト共演による戦争コメディ大作「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」が、興収2600万ドルで(約28億円)でみごと初登場1位に輝いた。個性派キャストを集め、東南アジアで「地獄の黙示録」を思わせる本格戦争映画の撮影がスタートするが、出費はかさみ撮影の継続が困難になる中、なおもリアルを志向する監督は、ついに出演者と撮影クルーを引き連れ、ジャングルの奥地へと分け入っていくが…。出演は監督も兼任のベン・スティラージャック・ブラックロバート・ダウニー・Jr。知的障害者団体から抗議を受けるなど過激な笑いが物議を醸しているが、批評家のレビューはコメディ映画としては及第点以上の高評価が並んでおり、1億ドル超えを目指して今後どこまで粘り強いチャートアクションを展開できるか注目される。とうとう首位陥落となった「ダークナイト」だが、累計は4億7149万ドルとなり、ついにあの「スター・ウォーズ」を抜いて歴代2位という偉業を成し遂げた。その「スター・ウォーズ」シリーズの最新作となる「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」が3位に初登場ランクイン。映画としてはシリーズ初のアニメ版ながらさすがのブランド力でまずまずの結果を残した。そして4位には「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャ監督最新ホラー「Mirrors」が初登場。デパートの警備員をする主人公の周囲で鏡を巡る奇怪な事件が頻発し…。主演はキーファー・サザーランド。オリジナルは韓国映画「Mirror 鏡の中」。また、ウディ・アレンが初めてバルセロナを舞台に撮り上げた新作ロマンティック・コメディ「Vicky Cristina Barcelona」が、少ない上映館数ながら高い稼働率でみごと10位にチャートイン。バカンスでスペインを訪れた2人のアメリカ人女性と、地元のセクシーな画家、そしてエキセントリックなその元妻、4人が織り成す複雑な恋模様が官能的かつコミカルに綴られる。出演はハビエル・バルデムペネロペ・クルススカーレット・ヨハンソンレベッカ・ホール。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. トロピック・サンダー/史上最低の作戦 26.0M (37.0M)
2. ダークナイト 16.7M (471.4M)
3. スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 15.5M (15.5M)
4. 「Mirrors」 11.1M (11.1M)
5. 「Pineapple Express」 10.0M (10.0M)
6. ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 8.6M (86.6M)
7. マンマ・ミーア! 6.4M (116.4M)
8. 旅するジーンズと19歳の旅立ち 5.9M (32.1M)
9. 「Step Brothers」 5.0M (90.8M)
10. 「Vicky Cristina Barcelona」 3.7M (3.7M)

 今週は、「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン監督が贈るバイオレンス・アクション「デス・レース(原題)」が登場。その他、アンナ・ファリス主演エロティック・コメディ「The House Bunny」、「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督最新コメディ「The Rocker」、アイス・キューブ主演コメディ「The Longshots」なども公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION