allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ケヴィン・ジェームズ主演コメディが好スタート
2009/01/19
 週末の全米映画興行成績は、「最後の恋のはじめ方」のケヴィン・ジェームズ主演コメディ「Paul Blart: Mall Cop」が興収3380万ドル(約31億円)の好成績でみごと初登場1位を獲得した。おデブの主人公が警備員を務めるショッピングモールで強盗団が人質を取って立て籠もる事件が発生、逃げ遅れてモール内に閉じ込められた主人公はダイ・ハードばりの心意気で人質救出に立ち上がるが…。監督はスティーヴ・カー。前週首位のクリント・イーストウッド監督・主演「グラン・トリノ」は2位に後退も依然好調に数字を伸ばし1億ドルを射程に捉え、目前に迫ったアカデミー賞のノミネーション発表に期待が高まってきた。「グラン・トリノ」の後塵を拝したもの、残る新作3本もいずれも及第点といえる好スタートを切った。まずは80年代ホラー「血のバレンタイン」を3Dでリメイクした体感ホラー「ブラッディ・バレンタイン 3D」が3位に初登場。小さな田舎町で起きた炭鉱事故の悲劇から10年後のバレンタインの日、炭鉱夫のマスクを被りツルハシを手にした殺人鬼が町を恐怖に陥れる。監督は「ドラキュリア」のパトリック・ルシエ。97年に他界した人気ラッパー、ザ・ノトーリアスB.I.G.の生涯を映画化した音楽伝記ドラマ「Notorious」は4位に初登場。主演は Jamal Woolard、監督はジョージ・ティルマン・Jr。5位にはエマ・ロバーツ主演ファミリー・コメディ「Hotel for Dogs」が初登場ランクイン。廃ホテルをこっそり犬のホテルに変えてしまった姉弟と犬たちとの交流を描く。そして拡大公開されたダニエル・クレイグ主演戦争ドラマ「ディファイアンス」が圏外から8位にチャートイン。森の中に村を築き、ロシアのユダヤ・パルチザン組織と共にナチ抵抗を続けたユダヤ人三兄弟の感動の実話を映画化。共演にリーヴ・シュライバージェイミー・ベル。監督は「ラスト サムライ」「ブラッド・ダイヤモンド」のエドワード・ズウィック。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「Paul Blart: Mall Cop」 33.8M (33.8M)
2. グラン・トリノ 22.2M (73.2M)
3. ブラッディ・バレンタイン 3D 21.9M (21.9M)
4. 「Notorious」 21.5M (21.5M)
5. 「Hotel for Dogs」 17.7M (17.7M)
6. 「Bride Wars」 11.7M (37.5M)
7. 「The Unborn」 9.8M (33.0M)
8. ディファイアンス 9.2M (9.5M)
9. マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと 6.3M (132.7M)
10. スラムドッグ$ミリオネア 5.9M (42.7M)

 今週は、シリーズ第3弾「アンダーワールド:ビギンズ」、コルネーリア・フンケのベストセラー『魔法の声』をブレンダン・フレイザー主演で映画化したファミリー・ファンタジー「Inkheart」が登場。その他、共にオスカーレースを賑わす「スラムドッグ$ミリオネア」、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」、「フロスト×ニクソン」、「ザ・レスラー(原題)」がいずれも拡大公開で上位進出を狙う。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと (単行本)
 ・Book ぼくと1ルピーの神様 (単行本)
 ・Book 新装版 魔法の声 (単行本)


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION