allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ファイナル・デッドサーキット 3D」がシリーズ・ベストの好スタート
2009/08/31
 週末の全米映画興行成績は、人気ホラー・シリーズ第4弾「ファイナル・デッドサーキット 3D」が、シリーズ最高となる興収2833万ドル(約26億円)を叩き出し、みごと初登場1位を獲得した。サーキット場では主人公が見た不気味な予知夢のおかげで間一髪のところで大惨事を免れた若者グループだったが…。“死の運命”に捉えられた若者たちが迎える恐怖の瞬間をあの手この手で描き出してきた本シリーズだが、ただでさえショッキングな“デス・シーン”の数々がついに3Dとなって観客に襲いかかる。監督は第2弾「デッドコースター」以来のシリーズ復帰となるデヴィッド・R・エリス。絶賛の嵐がやまないクエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」は2位に後退も1億ドルを射程圏に。3位にはロブ・ゾンビ監督スラッシャー・ホラー「ハロウィン」の続編「Halloween 2」が初登場ランクイン。「ファイナル・デッドサーキット 3D」とのホラー対決には敗れたものの、まずまずのオープニングに気をよくしたスタジオ側は、さっそく3Dによる第3弾製作を発表した。「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が伝説の“ウッドストック・フェスティバル”の狂騒を、その誘致に奔走した一人の青年の視点から描いた青春映画「Taking Woodstock」は9位に初登場。原作はエリオット・タイバーのメモワール『ウッドストックがやってくる』。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ファイナル・デッドサーキット 3D 28.3M (28.3M)
2. イングロリアス・バスターズ 20.0M (73.7M)
3. 「Halloween 2」 17.4M (17.4M)
4. 「District 9」 10.7M (90.8M)
5. G.I.ジョー 8.0M (132.4M)
6. 「Julie & Julia」 7.4M (70.9M)
7. きみがぼくを見つけた日 6.7M (48.1M)
8. ショーツ(原題) 4.8M (13.5M)
9. 「Taking Woodstock」 3.7M (3.7M)
10. スパイ・アニマル Gフォース 2.8M (111.8M)

 今週は、「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」のネヴェルダインテイラー監督、ジェラルド・バトラー主演SFアクション「ゲーマー(原題)」が登場。その他、サンドラ・ブロック主演コメディ「All About Steve」、マイク・ジャッジ監督、ジェイソン・ベイトマン主演コメディ「Extract」も公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book きみがぼくを見つけた日 上巻 (ランダムハウス講談社文庫)
 ・Book ウッドストックがやってくる (単行本(ソフトカバー))


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION