allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、D・フィンチャー監督青春ドラマ「ソーシャル・ネットワーク」が首位デビュー
2010/10/04
 週末の全米映画興行成績は、「ファイト・クラブ」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督最新ドラマ「ソーシャル・ネットワーク」が興収2300万ドル(約19億円)で初登場1位に輝いた。ノンフィクション『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』を基に、facebook 誕生秘話を若者たちの成功と挫折の青春群像劇に仕上げた本作は批評家からも絶賛をもって迎えられ、前評判通りオスカーレースでの最重要作品の1本となることがほぼ確実となった。主演は「アドベンチャーランドへようこそ」「ゾンビランド」のジェシー・アイゼンバーグ、共演にアンドリュー・ガーフィールドジャスティン・ティンバーレイク。2位は前週と変わらず「ガフールの伝説」、そして3位には前週首位の「ウォール・ストリート」が続いた。その他では、公開が延び延びとなっていたレネー・ゼルウィガー主演スリラー「ケース39」が7位に初登場。虐待されていた少女を引き取ったヒロインの周囲で不可解な事件が起こり始め…。共演は「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のブラッドリー・クーパーと「ローズ・イン・タイドランド」のジョデル・フェルランド。監督はクリスティアン・アルヴァルト。また、世界中で絶賛の嵐が巻き起こったスウェーデン製傑作ヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴス監督でハリウッド・リメイクした「Let Me In」は8位に初登場。元々のハードルの高さを思えば前評判自体は大健闘と呼べそうな高評価を得ていただけに、この思いのほか厳しいスタートに、ここ最近のネットでの盛り上がりが Box Office に直結しないジャンル映画の苦戦ぶりが改めて実感させられる結果となった。主演は「キック・アス」のクロエ・モレッツと「ザ・ロード」のコディ・スミット=マクフィー。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ソーシャル・ネットワーク 23.0M (23.0M)
2. ガフールの伝説 10.8M (30.0M)
3. ウォール・ストリート 10.1M (35.8M)
4. ザ・タウン(原題) 10.0M (64.3M)
5. 「Easy A」 7.0M (42.4M)
6. 「You Again」 5.5M (16.4M)
7. ケース39 5.3M (5.3M)
8. 「Let Me In」 5.3M (5.3M)
9. 「Devil」 3.6M (27.3M)
10. 「Alpha and Omega」 3.0M (19.0M)

 今週は、斬新な設定と巧みなストーリーテリングが評判を呼んでいるライアン・レイノルズ主演サスペンス・ドラマ「[リミット]」が登場。その他、キャサリン・ハイグルジョシュ・デュメル共演コメディ「Life as We Know It」、実在の名馬セクレタリアトの感動の実話を映画化したダイアン・レイン主演ドラマ「Secretariat」、ウェス・クレイヴン監督最新ホラー「My Soul to Take」なども公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男 [単行本]
 ・Book ガフールの勇者たち〈1〉悪の要塞からの脱出 [単行本]
 ・Book ガフールの勇者たち I (MF文庫 ダ・ヴィンチ き 3-1) [文庫]
 ・Book 強盗こそ、われらが宿命(さだめ)〈上〉 (ヴィレッジブックス) [文庫]
 ・Book MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV) [新書]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION