allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「フォーン・ブース」が初登場1位
2003/04/07
 週末の全米興行成績は新作3本が上位を独占した。その中で1位に輝いたのは、ジョエル・シューマカー監督、コリン・ファレル主演のサスペンス「フォーン・ブース」。鳴っている公衆電話に出てしまった主人公が狙撃犯に狙われるという設定のこの作品、当初予定していた11月の公開直前に首都ワシントンを中心とした無差別狙撃事件が発生し公開が延期されていた。ようやくの公開となったわけだが、1位にはなったものの興収は1500万ドル(約18億円)とあまり満足いく数字ではなかった。今度は、戦争の影響でボックスオフィス全体がスランプ状態のこの時期の公開となってしまい、つくづくツイてない。2位はティーンズ・アイドル、アマンダ・バインス主演のコメディ「What a Girl Wants」が初登場ランクイン。アメリカの女の子がまだ見ぬ父を捜してイングランドで珍騒動を繰り広げる。3位も初登場作品でヴィン・ディーゼル主演のアクション・サスペンス「A Man Apart」がランクイン。
 今週は、ジャック・ニコルソンアダム・サンドラーの初共演が実現した爆笑コメディ「Anger Management」が公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION