allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が大ヒット・スタート
2011/08/08
 週末の全米映画興行成績は、「猿の惑星」シリーズの再起動版として製作された「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が興収5400万ドル(約42億円)の好成績で初登場1位に輝いた。人類が猿に支配されるに至った経緯を描く本作で、やはり注目を集めるのは、猿のヴィジュアルをこれまでの特殊メイクからシリーズ初となる最新パフォーマンス・キャプチャー技術によるCGキャラクターに変更した点だが、猿の内面に迫る繊細な表現を可能にしたこの英断は概ね好意的に迎えられたようで、中でもメインキャラクターのシーザーを演じたアンディ・サーキスには大きな賞賛が寄せられている。とりあえず、興行・批評の両面で一定の成功を収めたことで、シリーズ化へ向けて大きく前進した。主演は「127時間」のジェームズ・フランコ、共演に「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント。監督はこれが3作目の新鋭ルパート・ワイアット。2位は前週と変わらず「スマーフ」、そして前週首位の「カウボーイ&エイリアン」が2ランクダウンの3位に後退となった。ライアン・レイノルズジェイソン・ベイトマン共演コメディ「The Change-Up」は4位に初登場ランクイン。対照的な人生を歩む幼なじみの中年男2人が、ある日突然お互いの体が入れ替わってしまったことから起こる騒動を描く。監督は「ウエディング・クラッシャーズ」のデヴィッド・ドブキン。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 54.0M (54.0M)
2. スマーフ 21.0M (76.2M)
3. カウボーイ&エイリアン 15.7M (67.3M)
4. 「The Change-Up」 13.5M (13.5M)
5. キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 13.0M (143.1M)
6. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 12.1M (342.8M)
7. 「Crazy, Stupid, Love.」 12.1M (42.1M)
8. ステイ・フレンズ 4.7M (48.5M)
9. モンスター上司 4.6M (105.1M)
10. トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3.0M (344.1M)

 今週は、「ファイナル・デッドサーキット 3D」に続くシリーズ第5弾「ファイナル・デッドブリッジ」が登場。その他、「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督&ジェシー・アイゼンバーグ主演コンビが実在の事件をヒントに描く過激ブラック・コメディ「30 Minutes or Less」、エマ・ストーン主演女性ドラマ「The Help」、「glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー」なども公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book カウボーイ&エイリアン [単行本(ソフトカバー)]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION