allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、エマ・ストーン主演「The Help」が不調の新作陣を寄せ付けずV3の快挙
2011/09/05
 週末の全米映画興行成績は、エマ・ストーン主演女性ドラマ「The Help」が、新作陣の不調もさることながら、4週目にして前週比たった2.3%減という驚異の成績で、みごと3週連続首位獲得に成功した。累計はとうとう1億ドルを超え、1億5000万ドルも視野に入ってきた。2位に初登場となったのはヘレン・ミレン主演のスパイ・サスペンス「The Debt」。30年前に、ナチス戦犯を捕縛するため命がけのミッションを成し遂げたモサドの諜報員たちを待ち受ける驚愕の運命をスリリングに描いた2007年のイスラエル映画をハリウッドの実力派俳優陣でリメイク。共演はトム・ウィルキンソンキアラン・ハインズジェシカ・チャステインサム・ワーシントン。監督は「恋におちたシェイクスピア」「コレリ大尉のマンドリン」のジョン・マッデン。「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフの製作で贈るモキュメンタリー・タッチのSFホラー「Apollo 18」は3位に初登場。表向きは17号で終了したはずのアポロ計画。しかしアメリカ政府がひた隠しにするアポロ18号による極秘ミッションの全貌がついに明らかとなる。「セルラー」「ファイナル・デッドサーキット 3D」などB級街道を突き進む職人デヴィッド・R・エリス監督が3D時代の「JAWS/ジョーズ」を目指して製作した生物パニック・ホラー「Shark Night 3D」は4位に初登場。主演は「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト −鮮血の美学−」のサラ・パクストン。セクシー水着での奮闘もむなしくスタートダッシュに失敗した。ちなみにデヴィッド・R・エリス監督の次回作は、一時はロブ・コーエンも積極的だった梅津泰臣の手によるエロティック・バイオレンス・アクション・アニメ「カイト」の実写リメイクに決定した模様。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「The Help」 14.2M (118.6M)
2. 「The Debt」 9.6M (11.5M)
3. 「Apollo 18」 8.7M (8.7M)
4. 「Shark Night 3D」 8.6M (8.6M)
5. 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 7.8M (160.0M)
6. 「Colombiana」 7.4M (21.9M)
7. 「Our Idiot Brother」 5.1M (15.4M)
8. 「Don't Be Afraid of the Dark」 4.9M (16.3M)
9. スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション 4.6M (29.0M)
10. スマーフ 4.0M (131.9M)

 今週は、スティーヴン・ソダーバーグ監督が贈る感染パニック・スリラー「Contagion」が登場。その他、「インセプション」のトム・ハーディが総合格闘家を演じるアクション・ドラマ「Warrior」、ニック・スウォードソン主演コメディ「Bucky Larson: Born to Be a Star」なども公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION