allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「トワイライト・サーガ」最新作がV2達成
2011/11/28
 週末の全米映画興行成績は、ステファニー・メイヤー原作大ヒット・ファンタジー・シリーズ最新作「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」が興収4200万ドル(約32億円)で2週連続の首位獲得に成功した。累計は早くも2億ドルを突破。2位は、カエルのカーミットやミス・ピギーなどの人気マペット・キャラクターたちがジェイソン・シーゲルエイミー・アダムスと共演したファミリー・コメディ「The Muppets」が初登場ランクイン。いまや別々の人生を歩み成功を収めていたマペットたちが、古いマペット・シアターの危機に立ち上がる。監督はこれが長編デビューという James Bobin 。残念ながら首位スタートとはいかなかったものの、意外にもお堅い評論家たちから軒並み高評価を受けるなどクリスマス・シーズン本番に向けて口コミによる息の長いチャート・アクションが期待できそう。3位は、前週からワンランクダウンの「ハッピー フィート」。そして4位には、「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」のアードマン・スタジオが贈る3Dファミリー・ファンタジー・アニメ「アーサー・クリスマスの大冒険」が初登場ランクイン。ハイテク・システムで世界中の子どもたちにプレゼントを届けているサンタクロース一家の頼りない末っ子アーサーが、配達ミスでただ一人プレゼントが届かない女の子にプレゼントを届けるため奮闘する姿を描く。アードマンが新たなコラボ先であるソニー・ピクチャーズの下で製作した第1弾作品。ブライアン・セルズニックのベストセラーをマーティン・スコセッシ監督が映画化したオスカー・レース注目の1本となる3Dファンタジー・アドベンチャー「ヒューゴの不思議な発明」は、中規模公開ながら5位に初登場ランクイン。1930年代のパリを舞台に、父の遺したカラクリ人形の秘密を追う孤児の少年と謎めいた美少女が繰り広げる摩訶不思議な大冒険の行方を、リュミエール兄弟の伝説の列車到着フィルムを現代に甦らせた美しく臨場感あふれる3D映像で描き出していく。レビューのほうも絶賛評が並んでおり、オスカー・レースでも本命の一角に躍り出てきた格好となった。主演はエイサ・バターフィールドと人気美少女子役のクロエ・グレース・モレッツ、共演にジュード・ロウサシャ・バロン・コーエン。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1 42.0M (221.3M)
2. 「The Muppets」 29.5M (42.0M)
3. ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊 13.4M (43.7M)
4. アーサー・クリスマスの大冒険 12.7M (17.0M)
5. ヒューゴの不思議な発明 11.3M (15.3M)
6. 「Jack and Jill」 10.3M (57.4M)
7. インモータルズ −神々の戦い− 8.8M (68.6M)
8. 長ぐつをはいたネコ 7.4M (135.3M)
9. ペントハウス 7.3M (65.3M)
10. ザ・ディセンダンツ(原題) 7.2M (10.7M)

 いよいよクリスマス商戦本番を迎えた今週は、Box officetでは目立った新作映画の公開がなく静かな週末となりそう。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book トワイライトIV 上 (ヴィレッジブックス) [ペーパーバック]
 ・Book トワイライトIV 下 (ヴィレッジブックス) [文庫]
 ・Book ユゴーの不思議な発明 [ハードカバー]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION