allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ケイト・ベッキンセイル主演「アンダーワールド 覚醒」が好スタート
2012/01/23
 週末の全米映画興行成績は、ケイト・ベッキンセイル主演ホラー・アクション・シリーズ第4弾「アンダーワールド 覚醒」が、シリーズ2番目となる興収2540万ドル(約20億円)の好成績で初登場1位に輝いた。長年にわたるヴァンパイアとライカンの抗争に、人間を加えた三つどもえの戦いが繰り広げられる中、人間に捕らえられていた女ヴァンパイア、セリーンがついに立ち上がる。ケイト・ベッキンセイルの主演復帰が功を奏したようで、再びシリーズの勢いを取り戻す好スタートに成功した。監督は「シェルター」のモンス・モーリンドビョルン・スタイン。第二次大戦における米軍黒人パイロット・チームの活躍を描くジョージ・ルーカス製作総指揮の戦闘機アクション「Red Tails」は2位に初登場ランクイン。出演は、キューバ・グッディング・Jrテレンス・ハワード。監督はこれが長編デビューの Anthony Hemingway 。前週首位のマーク・ウォールバーグ主演サスペンス・アクション「Contraband」は3位に後退。そして拡大公開で圏外から4位にジャンプアップとなったのは、「僕の大事なコレクション」の原作『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』で注目された期待の作家ジョナサン・サフラン・フォアが9・11同時多発テロによる喪失と再生を描いた話題作を「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリーが映画化した「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。目前に迫ったオスカー・ノミネーションでどこまで食い込めるのかにも注目が集まる。出演はトーマス・ホーントム・ハンクス。そしてもう一つの新作、スティーヴン・ソダーバーグ監督と人気女性格闘家ジーナ・カラーノという異色の顔合わせで贈る本格アクション・サスペンス「Haywire」は5位に初登場となった。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. アンダーワールド 覚醒 24.5M (25.4M)
2. 「Red Tails」 19.1M (19.1M)
3. 「Contraband」 12.2M (46.1M)
4. ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 10.5M (11.2M)
5. 「Haywire」 9.0M (9.0M)
6. 美女と野獣 ディズニーデジタル3D 8.5M (33.3M)
7. 「Joyful Noise」 6.0M (21.9M)
8. ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 5.5M (197.3M)
9. シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム 4.8M (178.6M)
10. ドラゴン・タトゥーの女 3.7M (94.7M)

 今週は、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のジョー・カーナハン監督&リーアム・ニーソン主演コンビで贈るサバイバル・アクション「The Grey」が登場。その他、ジャネット・イヴァノヴィッチのベストセラー『私が愛したリボルバー』原作、キャサリン・ハイグル主演クライム・コメディ「One for the Money」、サム・ワーシントン主演サスペンス「崖っぷちの男」も公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [単行本(ソフトカバー)]
 ・Book ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) [文庫]
 ・Book ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫) [文庫]
 ・Book 私が愛したリボルバー (扶桑社ミステリー) [文庫]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION