allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ボディ・ハント」と「End of Watch」が首位タイ
2012/09/24
 週末の全米映画興行成績は、新作3本がほぼ横並びで、最終的な確定集計が発表されるまで1位が決まらない僅差の接戦となった。ひとまず暫定集計で1位となったのは、ともに1300万ドル(約10億円)を稼ぎ出したジェイク・ギレンホールマイケル・ペーニャ共演ポリス・アクション「End of Watch」とジェニファー・ローレンス主演サスペンス「ボディ・ハント」。「End of Watch」は、ロサンジェルスの危険な犯罪多発地区を舞台に、巡回中に犯罪組織とのトラブルに巻き込まれ命を狙われる若手警官2人の運命を描く。共演はナタリー・マルティネスアナ・ケンドリック。監督は「トレーニング デイ」の脚本で注目され、同じくLAPDを扱った2本の監督作「バッドタイム」「フェイク シティ ある男のルール」でも高い評価を受けたデヴィッド・エアー。今作の評判も上々で、賞レースでの活躍にも期待が高まる。一方の「ボディ・ハント」は「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で売り出し中のハリウッド期待の若手ジェニファー・ローレンスが、母とともに引っ越した新居で、数年前に隣家で起きた猟奇殺人事件の秘密を巡る戦慄の恐怖に巻き込まれていくヒロインを熱演するサスペンス・スリラー。共演はエリザベス・シューマックス・シエリオット。監督はマーク・トンデライ。そして僅差の暫定3位となった「人生の特等席」は、巨匠クリント・イーストウッドが久々に主演を務め、老境に差し掛かったメジャーリーグのスカウトマンが、わだかまりを抱える娘とともに巡る最後のスカウトの旅を描く人生ドラマ。共演はエイミー・アダムスジャスティン・ティンバーレイク。監督はこれが初メガフォンのロバート・ロレンツ。前週首位の「バイオハザードV:リトリビューション」は5位に大きく後退。そしてシルヴェスター・スタローン主演のSFアクション「ジャッジ・ドレッド」を「DOOM ドゥーム」のカール・アーバン主演でリメイクした「Dredd」は初登場6位と大きく出遅れた。監督は「バンテージ・ポイント」のピート・トラヴィス。また、新興宗教という大胆なテーマに挑み、早くも今年のアカデミー賞最有力との呼び声高いポール・トーマス・アンダーソン監督の話題の問題作「ザ・マスター」は限定公開ながらみごと7位にチャートイン。出演はホアキン・フェニックスフィリップ・シーモア・ホフマンエイミー・アダムス。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「End of Watch」 13.0M (13.0M)
2. ボディ・ハント 13.0M (13.0M)
3. 人生の特等席 12.7M (12.7M)
4. ファインディング・ニモ 3D 9.4M (29.9M)
5. バイオハザードV:リトリビューション 6.7M (33.4M)
6. 「Dredd」 6.3M (6.3M)
7. ザ・マスター 5.0M (5.0M)
8. 「The Possession」 2.3M (45.2M)
9. 「Lawless」 2.3M (34.5M)
10. 「ParaNorman」 2.2M (52.5M)

 今週は、ソニー製作アニメ「モンスター・ホテル」とジョセフ・ゴードン=レヴィットブルース・ウィリス共演SFサスペンス「LOOPER/ルーパー」が登場。その他マギー・ギレンホールヴァイオラ・デイヴィスホリー・ハンター共演ドラマ「Won't Back Down」も公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION