allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ハルク」が初登場1位
2003/06/23
 週末の全米映画興行成績は、マーヴェル・コミックの人気キャラクターを「グリーン・デスティニー」のアン・リー監督が映画化したSFアクション超大作「ハルク」が6月公開作品としては過去最高のオープニングとなる6260万ドル(約74億円)で初登場1位に輝いた。他のマーヴェル作品の映画化と比較すると諸手を挙げて喜べるほどではないが、まずは無難なスタートを切った形。2位に後退したものの「ファインディング・ニモ」は相変わらず驚異的なペースで数字を積み上げている。とくに夏休みに入ったせいか、ここへきて平日の動員数の高さが際立っている。3位、4位もともにワンランクダウンの「ワイルド・スピードX2」、「Bruce Almighty」が続いた。「ワイルド・スピードX2」はみごと1億ドルの大台をクリアした。一方の「Bruce Almighty」は2億ドルの大台を楽々クリア、次の目標はいよいよジム・キャリー主演作の稼ぎ頭「グリンチ」の2億6000万ドルにどこまで近づけるか、になってきた。「恋人たちの予感」のロブ・ライナー監督久々の本格ロマンティック・コメディ「Alex and Emma」は7位に初登場ランクイン。主演は先ごろ妊娠が明らかになったケイト・ハドソンルーク・ウィルソン。また注目の“アメリカン・アイドル”優勝者ケリー・クラークソン初主演作「From Justin to Kelly」は初登場11位でおまけに批評も散々と、かなり悲惨な船出となってしまった。
 今週は、日本でも盛り上がりをみせている「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」が公開予定の他、イギリスで大ヒットしたダニー・ボイル監督のSFホラー「28日後...」が拡大公開される。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION