allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ゼロ・ダーク・サーティ」が首位獲得
2013/01/14
 週末の全米映画興行成績は、「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督&マーク・ボール脚本コンビが、オサマ・ビン・ラディン暗殺を実行した米海軍特殊部隊“ネイビー・シールズ”の極秘作戦を映画化した衝撃の問題作「ゼロ・ダーク・サーティ」が興収2400万ドル(約21億円)で前週の圏外からいきなり1位に躍り出た。すでに賞レースでも前半戦はライバル勢を圧倒する快進撃を見せており、本番のアカデミー賞へ向けてどれだけ勢いを持続できるか注目される。主演は初オスカーの期待がかかるジェシカ・チャステインマーロン・ウェイアンズの脚本・主演で描くホラー映画のパロディ・コメディ「A Haunted House」は2位に初登場ランクイン。監督は Michael Tiddes 。ジョシュ・ブローリンライアン・ゴズリングニック・ノルティエマ・ストーンショーン・ペンといった豪華キャストの共演で話題のギャング映画「L.A. ギャング ストーリー」は3位に初登場。実話を基に、警官としての正体を隠し、LAを支配する伝説のギャングに戦いを挑んだ男たちの運命を描く。監督は「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー。依然4位と上位をキープする「ジャンゴ 繋がれざる者」は累計を1億2540万ドルまで伸ばし、ついに「イングロリアス・バスターズ」を抜いてクエンティン・タランティーノ監督の自己ベストを更新した。そして前週首位の「Texas Chainsaw 3D」は順位を大きく落として9位まで後退となった。アカデミー賞のノミネーションでは4つの演技部門すべてで候補になるなどトータル8部門ノミネートと大活躍して一段と注目の高まったブラッドリー・クーパージェニファー・ローレンス共演コメディ・ドラマ「世界にひとつのプレイブック」は、じわじわと順位を上げて、9週目にしてついにトップテン入りを果たした。監督は「ザ・ファイター」に続いて2作連続のオスカー・ノミネートとなったデヴィッド・O・ラッセル。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. ゼロ・ダーク・サーティ 24.0M (24.0M)
2. 「A Haunted House」 18.8M (18.8M)
3. L.A. ギャング ストーリー 16.7M (16.7M)
4. ジャンゴ 繋がれざる者 11.0M (125.3M)
5. レ・ミゼラブル 10.1M (119.2M)
6. ホビット 思いがけない冒険 9.0M (278.1M)
7. リンカーン 6.3M (152.6M)
8. 「Parental Guidance」 6.1M (60.6M)
9. 「Texas Chainsaw 3D」 5.1M (30.7M)
10. 世界にひとつのプレイブック 5.0M (41.3M)

 今週は、アーノルド・シュワルツェネッガーの主演復帰作にして「悪魔を見た」のキム・ジウン監督のハリウッド・デビュー作ともなるアクション大作「ラストスタンド」が登場。そのほか、マーク・ウォールバーグラッセル・クロウキャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演サスペンス「Broken City」、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮のゴースト・ホラー「Mama」も公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・ ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
 ・ ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)
 ・ リンカン〈上〉南北戦争勃発 [単行本]
 ・ リンカン〈下〉奴隷解放宣言 [単行本]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION