allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が初登場首位
2013/03/25
 週末の全米映画興行成績は、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が興収4470万ドル(約42億円)で初登場1位に輝いた。続編ではないドリームワークス・アニメ作品としては「ヒックとドラゴン」(4373万ドル)や「メガマインド」(4601万ドル)と同等の好スタートとなった。住み慣れた洞窟の崩壊によって危険な放浪の旅を余儀なくされた原始人一家の大冒険を描く。声の出演はニコラス・ケイジエマ・ストーンライアン・レイノルズ。監督は「ヒックとドラゴン」のクリス・サンダースと、これが監督デビューとなるカーク・デミッコ。2位も初登場で、アントワーン・フークア監督サスペンス・アクション「エンド・オブ・ホワイトハウス」がランクイン。1位は譲ったものの、アクション映画としては今年最高のオープニングを叩き出して、こちらも申し分ない好スタートとなった。ホワイトハウスがテロリストによって占拠され大統領が人質にとられる事態が発生。難攻不落の要塞と化したホワイトハウスでたった一人潜入を成功させた元シークレット・サービス、マイクによる大統領救出への決死の戦いが展開する。主演はジェラルド・バトラー、共演にモーガン・フリーマンアーロン・エッカート。2週連続首位の「オズ はじまりの戦い」は3位に後退となった。「デート&ナイト」のティナ・フェイと「40男のバージンロード」のポール・ラッドの初共演で注目されたコメディ「Admission」は5位に初登場と期待を下回るオープニングに終わった。監督は「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ。「ガンモ」「ミスター・ロンリー」のハーモニー・コリン監督と、セレーナ・ゴメスヴァネッサ・ハジェンズらアイドル女優の異色の顔合わせで話題となった青春クライム・ドラマ「スプリング・ブレイカーズ」は、拡大公開によって圏外から6位に大きくジャンプアップ。刺激を求めて犯罪に手を染めていく女子大生4人組の危険な春休みを鮮烈に描き出す。共演はアシュレイ・ベンソンレイチェル・コリンジェームズ・フランコ。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「The Croods」 44.7M (44.7M)
2. エンド・オブ・ホワイトハウス 30.5M (30.5M)
3. オズ はじまりの戦い 22.0M (177.5M)
4. 「The Call」 8.7M (30.9M)
5. 「Admission」 6.4M (6.4M)
6. スプリング・ブレイカーズ 5.0M (5.4M)
7. 「The Incredible Burt Wonderstone」 4.2M (17.3M)
8. ジャックと天空の巨人 2.9M (59.0M)
9. 「Identity Thief」 2.5M (127.7M)
10. 「Snitch」 1.9M (40.3M)

 今週は、大ヒット・アクション「G.I.ジョー」の続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」と「トワイライト」シリーズのステファニー・メイヤー原作、「ハンナ」のシアーシャ・ローナン主演SFラブ・ストーリー「The Host」が登場。その他、タイラー・ペリー最新作「Tyler Perry's Temptation: Confessions of a Marriage Counselor」も公開に。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81)) [文庫]
 ・Book オズの魔法使い (角川文庫) [文庫]
 ・Book ザ・ホスト 1 寄生 [ハードカバー]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION