allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「バッドボーイズ」続編が首位
2003/07/21
 週末の全米映画興行成績は、前作「バッドボーイズ」から8年、再びマイケル・ベイマーティン・ローレンスウィル・スミスの監督・主演トリオが結集した刑事アクション「バッドボーイズ2バッド」が興収4670万ドル(約55億円)を稼ぎ出し初登場1位の好スタートを切った。2位は前週の首位から後退した「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」。興収は3330万ドルと依然高い数字をキープし、累計を早くも1億3220万ドルとして2億ドルの大台を射程圏内に捉えた。3位もワンランクダウンの「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」が続いた。こちらは1億ドルが厳しくなってきた。イギリスで驚異的な大ヒットを記録した「ビーン」のローワン・アトキンソンが繰り広げるスパイ・パロディ「ジョニー・イングリッシュ」は、アメリカでは初登場4位に留まった。もうひとつの新作、マンディ・ムーア主演のティーンエイジ・ロマンティック・コメディ「How to Deal」は8位に初登場ランクインとなった。そして、今週も6位にランクしたピクサー・アニメ「ファインディング・ニモ」はついに夢の3億ドル突破を達成した。「ライオン・キング」が保持するアニメ作品累積興収記録3億1285万ドルの更新という歴史的瞬間までいよいよカウントダウンの体勢に入った。早ければ今週末にも記録達成の可能性も出てきた。
 今週も続々と注目作が公開される。まずは、アンジェリーナ・ジョリーを一躍スーパースターへと押し上げた大ヒット・アクション・アドベンチャーの続編「トゥームレイダー2」が登場。監督は「スピード」のヤン・デ・ボンにバトンタッチ。そして、大ヒット・ファミリー・アドベンチャー「スパイキッズ」シリーズ最新作「スパイキッズ3−D:ゲームオーバー(原題)」。こちらは、タイトルどおり3D作品。観客は劇場で例の特殊なメガネをかけて鑑賞するらしい。さらにもう一作、「スパイダーマン」のトビー・マグワイアが伝説的悲劇の名馬に騎乗する騎手に扮した実録感動ドラマ「シービスケット(原題)」も公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION