allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
日本作品今年も活躍、ファンタジア映画祭2003
2003/08/14
 モントリオールで開催され、これまでにも「リング」や「ビジターQ」など日本映画の活躍が目立つファンタジア・フィルム・フェスティバルの今年の受賞結果が発表された。注目のベスト・アジア映画賞は日本の「DRIVE ドライブ」(SABU監督)に贈られた。以下は主な受賞結果。

■審査員選定部門
【ベスト・アジア映画賞】
 ・「DRIVE ドライブ」(日本)――SABU監督

【ベスト・インターナショナル映画賞】
 ・「Dead End」(フランス)――Jean-Baptiste Andrea & Fabrice Canepa 監督

【ベスト・アニメーション映画賞】
 ・「TAMALA 2010 a punk cat in space」(日本)――t.o.L監督

【Most Groundbreaking賞】(最も革新的な作品に与えられる賞)
 ・「自殺サークル」(日本)――園子温監督

■観客投票部門
【ベスト・アジア映画賞】
 金賞:「Sympathy for Mr. Vengeance」(韓国)――パク・チャヌク監督
 銀賞:「Bang Rajan : Legend of the Village Warriors」(タイ)―― Tanit Jitnukul 監督
 銅賞:「MUSA−武士−」(韓国)――キム・ソンス監督

【ベスト・インターナショナル映画賞】
 金賞:「Dans ma peau」(フランス)――マリナ・ドゥ・ヴァン監督
 銀賞:「Bubba Ho-Tep」(アメリカ)――ドン・コスカレリ監督(ブルース・キャンベル主演)
 銅賞:「Male'fique」(フランス)―― E'ric Valette 監督
     「Cabin Fever」(アメリカ)―― Eli Roth 監督

【ベスト・アニメーション映画賞】
 金賞:「TAMALA 2010 a punk cat in space」(日本)――t.o.L監督
 銀賞:「Kaena the Prophecy」(フランス)―― Chris Delaporte & Pascal Pinon 監督
 銅賞:「フリクリ」(日本)――鶴巻和哉監督

【Most Groundbreaking賞】(最も革新的な作品に与えられる賞)
 金賞:「Reflections of Evil」(アメリカ)―― Damon Packard 監督
 銀賞:「自殺サークル」(日本)――園子温監督
 銅賞:「殺し屋1」(日本)――三池崇史


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION