allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、アイス・キューブ&ケヴィン・ハート共演コメディが大ヒット・スタート
2014/01/20
 週末の全米映画興行成績は、アイス・キューブケヴィン・ハート共演コメディ「Ride Along」が、「クローバーフィールド/HAKAISHA」の記録を抜いて1月公開作品の歴代最高となる興収4123万ドル(約43億円)で初登場1位に輝いた。お調子者の警備員ベンは、恋人の兄ジェームズに認めてもらおうと彼のパトロールを手伝うが…。1億ドルも狙える予想以上の大ヒット・スタートで、シリーズ化はほぼ確定か。監督は「バーバーショップ」「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」のティム・ストーリー。前週首位の「ローン・サバイバー」は2位に後退。3位には「THE GREY 凍える太陽」や「スティーブ・ジョブズ」を手がけるオープン・ロード・フィルムズによる初のアニメ作品「The Nut Job」が、こちらも期待以上の好成績で初登場ランクイン。冬を前に、食料調達に励むリスたちが巻き起こす大騒動を描く。声の出演はウィル・アーネットリーアム・ニーソンキャサリン・ハイグルブレンダン・フレイザー。監督は本作の元となった短編を手がけたカナダ人アニメーター、Peter Lepeniotis 。トム・クランシーが生み出した“ジャック・ライアン”シリーズのリブート・プロジェクトとして、新たに「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のクリス・パインを主演に迎えて贈るスパイ・アクション「エージェント:ライアン」は4位に初登場ランクイン。現代を舞台に、CIAにスカウトされたジャック・ライアンの活躍を描く。共演にキーラ・ナイトレイケヴィン・コスナー。監督は「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー。「V/H/S シンドローム」にも参加した映像製作集団“Radio Silence”のメンバー、マット・ベティネッリ=オルピンタイラー・ジレット監督が初の長編作品に挑んだファウンドフッテージ・ホラー「Devil's Due」は、初登場7位と厳しい船出となった。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「Ride Along」 41.2M (41.2M)
2. ローン・サバイバー 23.2M (74.0M)
3. 「The Nut Job」 20.5M (20.5M)
4. エージェント:ライアン 17.2M (17.2M)
5. アナと雪の女王 11.9M (332.6M)
6. アメリカン・ハッスル 10.6M (116.4M)
7. 「Devil's Due」 8.5M (8.5M)
8. 8月の家族たち 7.5M (18.1M)
9. ウルフ・オブ・ウォールストリート 7.5M (90.2M)
10. ウォルト・ディズニーの約束 4.1M (75.3M)

 今週は、フランケンシュタイン博士が生み出したモンスターが現代を舞台に活躍するアーロン・エッカート主演のアメコミ・アクション「I, Frankenstein」が登場。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book アフガン、たった一人の生還
 ・Book ウォール街狂乱日記―「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生 [単行本]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION