allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ウェス・アンダーソン監督コメディが歴代最高アベレージでトップテン入り
2014/03/17
 週末の全米映画興行成績は、ロブ・ミンコフ監督アニメ「Mr. Peabody & Sherman」が2位デビューの雪辱を晴らし、2週目にしてみごと首位奪取に成功した。興収は2120万ドル(約22億円)だった。前週首位の「300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜」はワンランクダウンで2位に後退。世界的人気ゲーム・ソフトを実写映画化したカー・アクション・ムービー「ニード・フォー・スピード」は3位に初登場ランクイン。一人の天才ドライバーの復讐の物語が、高額スーパーカーが入り乱れる禁断のストリート・レースを舞台に展開する。主演は「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポール、共演にドミニク・クーパーマイケル・キートン。監督は「ネイビーシールズ」のスコット・ウォータイラー・ペリー最新作「Tyler Perry's The Single Moms Club」は5位に初登場。かつては初登場1位を連発し、オープニングで2000万ドル以上を確実に叩き出していたタイラー・ペリー作品だが、ここ数作はジリ貧が続き、ついに初めて1000万ドルを割り込んでしまった。もう一つの新作、人気TVシリーズ「ヴェロニカ・マーズ」の劇場版「Veronica Mars」は300館弱の限定公開ながら10位にランクイン。クラウド・ファンディングで資金調達が行われた初のメジャー作品としても大いに注目を集めたが、興行的にもまずまずの結果を残すことに成功した。主演はクリステン・ベル、監督はロブ・トーマス。そして9位の「アナと雪の女王」は、ついに「シュレック2」「トイ・ストーリー3」に続いてアニメ史上3作目となる4億ドルの大台に大手をかけた。ウェス・アンダーソン監督による注目の群像ミステリー・コメディ「グランド・ブダペスト・ホテル」は、わずか66館で8位に食い込む離れ業で、この週末最大の勝者となった。50館以上の公開規模での歴代最高となる驚異的なアベレージを叩き出し、次週以降のさらなる拡大公開でどこまで順位を上げてくるか、大いに期待が高まる。とある常連客をめぐる殺人事件とその遺産争いに巻き込まれた“伝説のコンシェルジュ”が繰り広げる謎解き大冒険を豪華キャストで描く。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「Mr. Peabody & Sherman」 21.2M (63.1M)
2. 300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜 19.1M (78.3M)
3. ニード・フォー・スピード 17.8M (17.8M)
4. ノン ストップ(原題) 10.6M (68.8M)
5. 「Tyler Perry's The Single Moms Club」 8.3M (8.3M)
6. LEGO(R)ムービー 7.7M (236.9M)
7. 「Son of God」 5.4M (50.8M)
8. グランド・ブダペスト・ホテル 3.6M (4.7M)
9. アナと雪の女王 2.1M (396.3M)
10. 「Veronica Mars」 2.0M (2.0M)

 今週は、大ヒットYA小説をシェイリーン・ウッドリー主演で映画化したSFアクション「ダイバージェント」と大ヒット・コメディ「ザ・マペッツ」の続編「Muppets Most Wanted」が登場。その他、ジェイソン・ベイトマン監督・主演コメディ「Bad Words」も拡大公開でランキング入りを狙う。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book ダイバージェント 異端者 (海外文学) [単行本]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION