allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」がV2
2014/07/22
 週末の全米映画興行成績は、SFアクション大作「猿の惑星:新世紀(ライジング)」が、興収3625万ドル(約37億円)で2週目も首位をキープした。前週からの落ち込みを最小限に止め、シリーズ初の2億ドル突破の可能性が高まってきた。1年に1日だけ殺人が合法となる世界を描き、全米でサプライズ・ヒットとなったSFバイオレンス・ホラー「The Purge」に続くシリーズ第2弾「The Purge: Anarchy」は2位に初登場ランクイン。監督は引き続き「ニューヨーク、狼たちの野望」のジェームズ・デモナコ。3位には、ディズニー・アニメ「プレーンズ」の続編「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」が初登場。消防レスキュー隊に入隊した主人公ダスティの新たな活躍を描く。4位も初登場で、キャメロン・ディアスジェイソン・シーゲル共演R指定コメディ「セックス・テープ(原題)」がランクイン。セックスレス克服のために撮影した自分たちの“SEXテープ”がネット上に流出してしまい大騒ぎとなる夫婦のドタバタ劇を描く。監督は「バッド・ティーチャー」のジェイク・カスダン。確定順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 猿の惑星:新世紀(ライジング) 36.2M (139.2M)
2. 「The Purge: Anarchy」 29.8M (29.8M)
3. プレーンズ2/ファイアー&レスキュー 17.5M (17.5M)
4. セックス・テープ(原題) 14.6M (14.6M)
5. トランスフォーマー/ロストエイジ 9.8M (227.0M)
6. 「Tammy」 7.4M (71.0M)
7. 「22 Jump Street」 4.7M (180.5M)
8. 「How to Train Your Dragon 2」 3.9M (160.7M)
9. 「Earth To Echo」 3.2M (31.9M)
10. マレフィセント 3.2M (228.3M)

 今週は、ドウェイン・ジョンソンがギリシャ神話の英雄を演じるスペクタクル・アクション大作「ヘラクレス」が登場。その他、リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演で贈るサスペンス・アクション「LUCY/ルーシー」、マイケル・ダグラスダイアン・キートン共演コメディ「And So It Goes」も公開に。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION