allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ジム・キャリーはMr.ダマー」20年ぶりの続編が大ヒット・スタート
2014/11/17
 週末の全米映画興行成績は、「ジム・キャリーはMr.ダマー」のジム・キャリージェフ・ダニエルズのおバカコンビがファン待望の復活を果たした続編「Dumb and Dumber To」が、前作の倍以上となる興収3805万ドル(約44億円)を叩き出し、みごと初登場1位に輝いた。これは、ジム・キャリー主演作としては2003年の「ブルース・オールマイティ」以来のビッグ・オープニングであり、監督を務めたピーターボビー・ファレリー兄弟にとっても過去最高のオープニングとなった。20年ぶりに再会したロイドとハリーは、ハリーに娘がいたことを知り、さっそくその行方を捜す旅に出るが…。前週首位のディズニー最新アニメ「ベイマックス」は2位に後退も、累計は早くも1億ドルを突破。3位もワンランクダウンでクリストファー・ノーラン監督SF超大作「インターステラー」が続いた。こちらも依然好調で1億ドルが目前に。「幸せの教室」「Belle」で注目を集めたググ・ンバータ=ローが、ビジネス優先の芸能界で苦悩を深める人気シンガーを演じるブラック・ムービー「Beyond the Lights」は初登場4位にランクイン。共演はネイト・パーカー。監督は「リリィ、はちみつ色の秘密」のジーナ・プリンス=バイスウッド。今年のオスカー・レースで有力候補の1本に挙げられている注目の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、限定公開ながらじわじわと順位を上げてきて、公開5週目にしてついにトップテン入りを果たした。かつてスーパーヒーロー役で一世を風靡した落ち目の中年俳優のままならない日常をシニカルに綴る。主演は実人生と重なる役柄をみごとに演じきり、各方面から絶賛されたマイケル・キートン、共演にエドワード・ノートンエマ・ストーンナオミ・ワッツ。監督は「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ。速報順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「Dumb and Dumber To」 38.0M (38.0M)
2. ベイマックス 36.0M (111.6M)
3. インターステラー 29.1M (97.8M)
4. 「Beyond the Lights」 6.5M (6.5M)
5. ゴーン・ガール 4.6M (152.6M)
6. 「St. Vincent」 4.0M (33.2M)
7. フューリー 3.8M (75.9M)
8. 「Nightcrawler」 3.0M (25.0M)
9. 「Ouija」 3.0M (48.1M)
10. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 2.4M (11.5M)

 今週は、ジェニファー・ローレンス主演の大ヒット・ティーンズSF「ハンガー・ゲーム」シリーズ第3弾「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」がいよいよ登場。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book ゴーン・ガール 上 (小学館文庫) [文庫]
 ・Book ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) [文庫]
 ・Book ハンガー・ゲーム3 上_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ) [文庫]
 ・Book ハンガー・ゲーム3 下_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ) [文庫]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION