allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ハンガー・ゲーム」シリーズ最新作が今年最高成績で首位デビュー
2014/11/25
 週末の全米映画興行成績は、ジェニファー・ローレンス主演の大ヒット・ティーンズSF「ハンガー・ゲーム」シリーズ最新作「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」が、興収1億2189万ドル(約144億円)を叩き出し、「トランスフォーマー/ロストエイジ」の1億ドルを抜いて今年最高のオープニングを飾った。全米に一大センセーションを巻き起こしたシリーズの完結編を2部作で描くその前編。ヒロイン、カットニスはいよいよ革命軍を率いて独裁国家との全面戦争に突入する。監督は引き続きフランシス・ローレンス。2位、3位は前週と変わらず「ベイマックス」と「インターステラー」、そして4位には前週首位の「ジム・キャリーはMr.ダマー」続編「Dumb and Dumber To」が続いた。また、限定公開ながら高い稼働率で10位にジャンプアップしてきたのは、天才理論物理学者スティーヴン・ホーキングの人生を映画化した伝記ドラマ「The Theory of Everything」。「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメインが、難病に直面しながらも研究と恋に情熱を注ぐ若きホーキングの青春の日々を熱演し、各方面から絶賛されるなどオスカー・レースでも注目の1本となっている。共演はフェリシティ・ジョーンズ、監督は「マン・オン・ワイヤー」「プロジェクト・ニム」のジェームズ・マーシュ。確定順位は以下の通り。

順位   タイトル 興収$ 累計$
1. 「The Hunger Games: Mockingjay, Part 1」 121.8M (121.8M)
2. ベイマックス 20.1M (135.7M)
3. インターステラー 15.3M (120.9M)
4. 「Dumb and Dumber To」 14.0M (57.7M)
5. ゴーン・ガール 2.8M (156.8M)
6. 「Beyond the Lights」 2.6M (10.1M)
7. 「St. Vincent」 2.2M (36.5M)
8. フューリー 1.9M (79.1M)
9. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 1.8M (14.4M)
10. 「The Theory of Everything」 1.5M (2.8M)

 今週は、大ヒット・コメディ「モンスター上司」続編「Horrible Bosses 2」と「マダガスカル」シリーズのスピンオフ・アニメ「Penguins of Madagascar」が登場。

【関連商品−Amazon−】
 ・Book ゴーン・ガール 上 (小学館文庫) [文庫]
 ・Book ゴーン・ガール 下 (小学館文庫) [文庫]
 ・Book ハンガー・ゲーム3 上_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ) [文庫]
 ・Book ハンガー・ゲーム3 下_マネシカケスの少女 (文庫ダ・ヴィンチ) [文庫]


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION