allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、「ラスト サムライ」が初登場1位
2003/12/08
 週末の全米映画興行成績は、日本の侍をハリウッドが気合いを入れて製作した大作時代劇「ラスト サムライ」が堂々の初登場1位を獲得した。興収は2442万ドル(約26億円)で、感謝祭の翌週公開作品としては過去最高のオープニングを記録した。東部が大雪に見舞われ全体に客足が鈍った中でのこの数字はまずまずか。ただし、トム・クルーズ主演作としては、「アイズ ワイド シャット」以降主演したメジャー作品4本の中では最低のオープニングでもある。「ダーク・エンジェル」のジェシカ・アルバがヒップ・ホップのセクシーな振付師を演じた「Honey」が、ジェシカ・ファンのみを動員してみごと初登場2位にランクイン。3位には「ホーンテッド・マンション」が続いた。前週まで1位だった「ハットしてキャット」は、感謝祭明けと大雪のダブルパンチで前週比70%ダウンの5位まで急落してしまった。
 今週は「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」など過激な笑いを追求するファレリー兄弟の最新作「Stuck On You」、ジャック・ニコルソンダイアン・キートン共演による大人のラブ・コメディ「サムシング・ガッタ・ギブ(原題)」などが公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION