allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

 
 
全米興行成績、ニコルソン主演作が首位
2003/12/15
 週末の全米映画興行成績は、ジャック・ニコルソンダイアン・キートン共演によるロマンティック・コメディ「サムシング・ガッタ・ギブ(原題)」が興収1700万ドル(約18億円)で初登場1位に輝いた。共演者もキアヌ・リーヴスフランシス・マクドーマンドアマンダ・ピートといった豪華な顔ぶれで、今後の賞レースを賑わせてくれる一作。監督は「ハート・オブ・ウーマン」のナンシー・マイヤーズ。2位には前週の首位から1ランク後退となった「ラスト サムライ」。興収はいまのところ累計で4684万ドル。このままでは「M:I−2」「バニラ・スカイ」「マイノリティ・リポート」と続いてきたトム主演作の1億ドル・オーバーの記録にストップがかかりそう。今後の賞レースの結果で弾みをつけたいところ。3位にはマット・デイモングレッグ・キニアが、生まれつき肩が結合している双子の兄弟を演じたコメディ「Stuck On You」がランクイン。監督は「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」のファレリー兄弟。4位も初登場の「Love Don't Cost a Thing」がランクイン。主演は「ドラムライン」でブレイクしたニック・キャノン。週末の速報順位は以下の通り。1.「サムシング・ガッタ・ギブ(原題)」$17M  2.「ラスト サムライ」$14.1M  3.「Stuck On You」$10M  4.「Love Don't Cost a Thing」$6.5M  5.「ホーンテッド・マンション」$6.3M  6.「Bad Santa」$6.2M  7.「Elf」$6.2M  8.「Honey」$5.1M  9.「ハットしてキャット」$4.2M  10.「ゴシカ」$2.7M
 そして今週は、映画の歴史に新たな1ページを刻むファンタジー超大作の最終章「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」がついに登場! 日本を除く世界中のほとんどの国々が公開初日の水曜日には歴史的な感動と興奮に包まれる。また、ハリポタ第4作目「炎のゴブレット」の監督に決定しているマイク・ニューウェル監督、ジュリア・ロバーツキルステン・ダンスト共演のドラマ「モナリザ・スマイル」も公開予定。


 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION