allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

死にゆく者への祈り(1987)

A PRAYER FOR THE DYING

メディア映画
上映時間108分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東北新社)
初公開年月1989/01/20
ジャンルサスペンス

【解説】
 誤ってスクール・バスを爆破してしまい、仲間からも当局からも追われているテロリスト。海外脱出の条件として、ある殺しを引き受けるが、その現場を神父が目撃する。決して口外できないという規約を逆手に取り、あえて神父に殺しの懺悔をするテロリスト。だが、神父に近づく内に、彼の中で何かが変わり始めていた……。原作はジャック・ヒギンズ。孤高の主人公に扮したM・ロークの他、神父のB・ホスキンス、その姪で目の見えないS・デイヴィス、暗黒街のボスのA・ベイツなど、役者陣の充実ぶりも良いが、この作品は、非情な運命に取り込まれていく男の物語を、雰囲気醸成に長けた演出で構築したM・ホッジスの手腕がモノを言っている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1196 8.73
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-18 16:13:04
 IRAの腕利き狙撃者ファロンはたった一度の失敗(幼稚園児のバスを爆破してしまった)から、殺し屋から足を洗う事を決意する。そして、最後の暗殺の仕事をある神父に目撃されてしまった。

 普段アメリカの派手なアクション映画を見慣れているから、こういう静かな雰囲気のサスペンス物も悪くはない。
 ミッキー・ロークも殺し屋の苦悩をうまく出している。
 しかし、面白くなかった。
 話がまどろっこしく、唯一のアクション・シーンも冴えてなかった。
投稿者:ゆっけ投稿日:2006-10-20 13:43:56
感情移入できないと面白くないかも。ミッキー演じるマーチンが強くも孤独に生きていると同時に、人間の弱さも写し出されているトコロがとても人間的で魅力。
生きることに考えさせられる作品だった。
投稿者:真夏投稿日:2005-10-04 16:14:56
勝手なことばかりぬかしてんじゃねえ、くそったれども!!てめえら、何様だよ!!えらそうなことかきやがって!!ロークのこと悪く言ってんじゃねえよ、間抜け!だったら、てめらが作ってみろよ、オカマ野郎どもめ!みんな、犬に食われちまえ!!!
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2004-10-25 11:20:17
ヒギンスやマクリーンの映画化は難しい。
この作品は原作のファンにのって特に思い入れのある作品だから
とても満足できんだろう。
当時ミーハー的人気だったミッキーロークというのが
原作ファンにとってカチンときた。
ヒロインはもっと美人女優いなかったのかなあ。
ボブホスキンスはがんばっていた。
ミッキーロークがアイルランドというのは無理がある。
演出も安っぽいしね。
アイルランド出身のガブリエル・バーンが今は原作の権利を取ったらしい。
断然バーンのほうがいい。
投稿者:deborah投稿日:2004-05-14 00:48:06
この原作、大好きなのです。
だから、許せなかった。なんじゃこりゃあぁぁ!
リアム・ニーソンが見られて嬉しかっただけ。
誰かまともな監督とまともな俳優でリメイクしてくれないかなあ。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-02-05 22:25:56
 まるでチグハグな演技の演出の連続。ミッキー・ロークもアラン・ベイツもボ
ブ・ホスキンスも駄目。
 それに、欧米映画には良くあることかも知れないが、映画のヒロインとはこう
いうものじゃないだろう、と私なんかには思える。
【レンタル】
 【VIDEO】死にゆく者への祈りレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION