allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シノーラ(1972)

JOE KIDD

メディア映画
上映時間94分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(CIC)
初公開年月1972/10/21
ジャンル西部劇/アクション
西部の太陽が呼びもどしたこの二人--
灼熱の荒野は俺の血だ! 荒れ狂う男たちの野望が キッドの冷たい銃口に 赤く震い立つ!
クールな魅力が爆発!イーストウッドが 「荒野の七人」の名匠ジョン・スタージェスと ガッチリ組んで放つ本格派西部アクション!
クリント・イーストウッド ブルーレイ・コレクション [Blu-ray]
参考価格:¥ 10,584
価格:¥ 7,679
USED価格:¥ 6,480
amazon.co.jpへ

【解説】
 西部の小さな町シノーラ。そこへ流れ着いたジョー・キッドは、大地主ハーランから、逃げ出したメキシコ人を捕らえるために雇われる。しかし、迫害される弱者を見たとき、ジョー・キッドは悪の根源であるハーランと対決する……。「荒野の七人」や「OK牧場の決斗」のJ・スタージェス監督が、イーストウッドと組んだアクション西部劇。
<allcinema>
評価
【関連作品】
荒野の七人(1960)
OK牧場の決斗(1957)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:昔の映画好き投稿日:2013-06-19 04:01:15
【ネタバレ注意】

ストーリー、演出全てに中途半端だと思います。
理屈抜きの娯楽を狙うにしては、アクションが大人しいですし(機関車での突入だけは派手でしたが)イーストウッドの口数が多いのはまあよいとして、その飄々とした強さも、イマイチ描ききれていない。
悪役?のロバート・デュバルの演じる白人土地所有者の自分勝手さも弱いし、メキシコ人の受けた不条理な扱いを掘り下げるでもない。第一に手下がこれまた弱い・・・。
もう一人の敵役のジョン・サクソンに関しても、人数的に優位なのに途中からはイーストウッドのいいなりになり、これまた訳がわからない。
保身に走ってしまったシェリフを殴る場面では、シェリフに対する怒りや反感が、見ていて湧き上がらない。
出演している俳優、監督はなかなかなのに、なぜこうなってしまったのでしょうね。
残念ながら、イーストウッド出演の西部劇では、最低だと思います。

投稿者:bond投稿日:2011-12-11 13:40:47
渋い役者揃えての娯楽西部劇。ウェスタンにモーゼルが出るのは珍しい。イーストウドの定番スタイルウェスタン。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-04 01:36:26
 文句無しの娯楽西部劇。

 ロバート・デュバル率いる悪役一味の殺され方が観ていて胸がスカッとする。我らがイーストウッドは完全無敵なのだ。
投稿者:さとう茶投稿日:2003-10-29 23:00:30
イーストウッドとスタージェス。
意外な組み合わせでどうかなと思ったのですが、脚本や撮り方を見る限りは、マックイーンで見たかった西部劇ですね。画面(カメラ)は物凄く綺麗だと思いました。音楽もラロ・シフリンの綺麗な旋律だったけど、映画には余り合ってなかったかも。 惜しいのは、悪役のはずのロバート・デュバルが今や、いい役を演じ過ぎたためか余り悪役に見えないこと。彼も '70年代と'80年代で役がかなり変わりましたね。ジョン・サクソンは今でいうとスタローン、シュワ、バンダムの先駆けでしょうか。
プロダクションもイーストウッドのマルパソだったですよね。ラストのちょっと荒唐無稽な感じがマルパソ(イーストウッド映画)っぽくて良かったです。
【レンタル】
 【DVD】シノーラレンタル有り
 【VIDEO】シノーラレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION