allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シャーロック・ホームズの素敵な挑戦(1976)

THE SEVEN-PER-CENT SOLUTION

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1977/04/16
ジャンルミステリー/コメディ/アドベンチャー
いまこそ謎の核心へ--
シャーロック・ホームズの素敵な挑戦 【DVD】
参考価格:¥ 1,429
価格:¥ 1,306
USED価格:¥ 849
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ハーバート・ロス
製作:ハーバート・ロス
製作補:スタンリー・オトゥール
製作総指揮:アーリン・セラーズ
アレックス・ウィニツキー
原作:ニコラス・メイヤー
キャラクター創造:アーサー・コナン・ドイル
脚本:ニコラス・メイヤー
撮影:オズワルド・モリス
プロダクションデ
ザイン:
ケン・アダム
美術:ピーター・ラモント
編集:クリス・バーンズ
音楽:ジョン・アディソン
出演:ニコル・ウィリアムソンシャーロック・ホームズ
アラン・アーキンシグムント・フロイト
ヴァネッサ・レッドグレーヴローラ・デヴロー
ローレンス・オリヴィエジェームズ・モリアーティ教授
ロバート・デュヴァルジョン・H・ワトソン博士
サマンサ・エッガーメアリー・モースタン・ワトソン
ジェレミー・ケンプフォン・ラインスドルフ男爵
アンナ・クエイルフリーダ
ジョエル・グレイローウェンスタイン
レジーヌマダム
チャールズ・グレイマイクロフト・ホームズ
ジョージア・ブラウンフロイト夫人
ジル・タウンゼント
ジョン・バード
アリソン・レガット
【解説】
 名探偵ホームズのパロディもの。コカイン中毒がこうじたホームズは、ワトソン博士の手で、精神分析の創始者ジグムント・フロイドのもとに送られた。フロイドによって正常に戻ったホームズは、令嬢の誘拐事件を追う……。N・メイヤーが自身の原作を脚色、H・ロスが演出したミステリー・コメディで、謎解きの面白さはもちろん古式豊かなスペクタクルまで用意されている大娯楽編。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

月曜ロードショー(演出:左近充洋 翻訳:額田やえ子 調整:栗林秀年 効果:PAG 制作:グロービジョン)
※このデータは放送当時の情報です。
仲村秀生ニコル・ウィリアムソンシャーロック・ホームズ
森川公也ロバート・デュヴァルジョン・H・ワトソン博士
宮田光アラン・アーキンシグムント・フロイト
平井道子ヴァネッサ・レッドグレーヴローラ・デヴロー
松岡文雄ローレンス・オリヴィエジェームズ・モリアーティ教授
宗形智子サマンサ・エッガーメアリー・モースタン・ワトソン
広瀬正志ジョエル・グレイローウェンスタイン
大宮悌二ジェレミー・ケンプフォン・ラインスドルフ男爵
西田昭市チャールズ・グレイマイクロフト・ホームズ
山田礼子ジョージア・ブラウンフロイト夫人
秋元千賀子レジーヌマダム
石井敏郎
鈴木れい子
国坂伸
大山高男
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
430 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2013-10-16 09:43:49
【ネタバレ注意】

前半と後半2つのエピソードで構成されているが、前半の薬抜きの話はいらなかったのでは?後半はスタンダードな仕上がりだが、ロバート・デュヴァルはワトソンのイメージに合わないし、ホームズ役も魅力に欠ける。

投稿者:sachi823投稿日:2013-10-12 14:01:45
テレビドラマをはじめとして数多くのホームズものが
制作されましたが、本作は、「ホームズ」「モリアーティ」
「コカイン中毒」などおなじみのファクターを
切り取って、精神分析で味付けをしたような作品です。
うるさいホームズファンの機嫌を損ねないように
気を遣い、汽車を丸ごと贅沢に使って一流の娯楽作品に
しています。アラン・アーキンのフロイトはあまり
エキセントリックな感じはしません。
モリアーティがしょぼくれた老人だったり、
ホームズが精神分析で、不安の原因がわかると、
急に元気になるところがおかしいです。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-08-16 11:25:16
最初に1891年にホームズが失踪したと言うコメントが入りますが、これはコナン・ドイルの「最後の事件」の後日談だと言っているのだと思います。その通りモリアーティ教授が重要な人物として登場し、ワトソンや兄のマイクロフトも出てきます。
しかし映画の内容としては、ホームズがコカイン中毒にかかってしまい、フロイト教授による催眠療法などをメインにしたストーリーなので、推理的な要素が少なく、あまり面白くありませんでした。
最後に列車での追跡シーンが展開されますが、これは「キートンの大列車追跡」や「マルクスの二丁拳銃」などのクラシック映画の焼き直しに過ぎないので、むしろ滑稽な感じしか持てませんでした。

投稿者:ファルド投稿日:2012-07-12 20:22:03
前半はコカイン中毒のホームズがフロイトの催眠療法を受けているのが中心で、イマイチ面白味がなかった。終盤2両の機関車での攻防はそれなりに面白いが、あそこで銃を捨てて剣で対決するというのが、ある意味映画的だった。
投稿者:マジャール投稿日:2007-05-18 23:55:33
フロイト流精神分析学に則った、ホームズ冒険譚の新解釈。
なかなか面白い映画です。ニコル・ウィリアムソンのホームズよりも、ワトソン役にロバート・デュバルを起用したセンスが嬉しい!
スカッシュ対決、列車大活劇、そして、悪の首魁モリアーティ教授の正体は・・・!!!
投稿者:island投稿日:2003-09-20 02:24:05
ホームズ映画で傑作と言えるのは、冒険(ワイルダー)とこの素敵な挑戦の2つだけだろう。
オリジナルな脚本なので、原作と違う血の通ったホームズ像が見えるのが魅力だ。
冒険が、"静"ならこちらは、"動"といったところか。
それにしても冒険はビデオ化されていないし、挑戦もビデオを見つけるのは至難の業なんだよな。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚色賞ニコラス・メイヤー 
 □ 衣装デザイン賞Alan Barrett 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】シャーロック・ホームズの素敵な挑戦2017/07/05\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】シャーロック・ホームズの素敵な挑戦2012/02/29\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】シャーロック・ホームズの素敵な挑戦レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION