allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジャイアント・スパイダー/大襲来(1975)

THE GIANT SPIDER INVASION

メディア映画
上映時間80分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東映洋画=ジョイパック)
初公開年月1976/08/14
ジャンルSF/ホラー/パニック
ある日、突然…地球を襲う巨大な宇宙蜘蛛の恐怖! 悲鳴・混乱・破壊-一瞬にして大都会は地獄と化した!
ジャイアント・スパイダー 大襲来 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,022
USED価格:¥ 4,022
amazon.co.jpへ

【解説】
 宇宙から飛来した隕石の中から出現したクモ。人を喰い巨大に成長した怪物が町に繰り出しパニックが始まる。ハリボテのジャイアント・スパイダーがのたのたと町を往くシーンものどかな駄菓子屋風特撮が何ともいえずにチープだが、そこそこには楽しめるかもしれないSF。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
211 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2012-07-16 06:54:30
平和な村に隕石が落ちてきた円形物を割ると中からクモが出てくる。その頃、村の周りではクモによって溶かされた人や家畜が続出し、感謝祭で賑わう人たちを次々に襲っていく・・・。

懐かしき映画がJVDよりリリース。内容は想像とおりだがクモの造形は小さいのは本物、デカイのは当然作り物だがそれを感じさせないくらい良く出来ている(この当時としては(笑))。画質がパック・イン・ビデオから出ていたビデオソフトと同様なのと吹き替えが収録されていないのは残念。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2005-08-30 22:17:42
田舎町の人物設定は意外としっかりしている。学はないが人の良い保安官、
欲張りな牧場主、その妻は子供が死んで以来アル中気味、過激な説教をして
いる伝道師など、登場人物はキングやマキャモンの小説なんかに出てきそうな人たち。
そういう部分に重点を置いたせいか蜘蛛が襲い始めるまでの展開がとろいのが残念。
巨大蜘蛛のしょぼさばかりが注目されるが制作側は結構真面目に取り組んでいてたのがわかる。
もちろん傑作とも佳作とも言えないが駄作でもない。
映画じゃなく小説にすればもっと面白いものになってたんじゃないかな。
絶頂期のクーンツなら楽しめる娯楽作に仕上げたことでしょう。

つーか上のを書いた後に気づいたけど、これって「地底からの侵略」
「雪男と少年」の監督だったのね。パニック場面以降の演出とか音楽とか
地底からの侵略にそっくりだし。
DVDには監督のインタビューが入ってて感激。幻のITO監督の姿を
見れるなんて思わなかった。
投稿者:やすのり投稿日:2004-11-21 04:15:17
隕石の中からクモ型の宇宙生物が出現し人を喰いながらどんどん生長していく・・・というストーリー。巨大なクモはあからさまに作り物で話も面白くないんですが、最近のモンスターはみんなCGなので、こういう安っぽいのもたまには良いですね。
投稿者:ゆうま投稿日:2003-11-21 14:03:31
劇場公開したらイケマセン!というかあの頃こんな作品が劇場公開していたという事実がスゴイ、ウルトラC級の駄作。リアルタイムではなく、ビデオ化された際に少し期待してみたけど、「本当につまらない」映画でした。とはいえ、劇場版ポスターはカッコ良くて(もちろんイラスト)、大事に持っています。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ジャイアント・スパイダー/大襲来2005/06/10\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ジャイアント・スパイダー/大襲来レンタル有り
 【VIDEO】ジャイアント・スパイダー/大襲来レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION