allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

じゃじゃ馬ならし(1967)

LA BISBETICA DOMATA
THE TAMING OF THE SHREW

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ/イタリア
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1967/06/10
ジャンルコメディ
じゃじゃ馬ならし [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 905
amazon.co.jpへ

【解説】
 イタリアのある村にやってきた青年が、土地の若い娘に恋をした。しかし娘の父親は、その娘の姉が結婚するまでは妹の結婚は認めないという。姉のカタリーナは、村でも有名なじゃじゃ馬だった……。シェイクスピアの同名喜劇の映画化作品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2011-08-20 16:36:10
公私混同的な作品。リズが出ている以外、映画としての面白味は低い。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-11-27 16:21:27
もともとシェイクスピアの原作が夫唱婦随をテーマにしているので、人によって評価が別れると思います。それに喜劇といっても、リチャード・バートン、エリザベス・テイラーの言動を極端に描いていて、それだけに面白いとも言えますが、ドタバタ過ぎではないかという気がします。その割にエリザベスが簡単に慣らされてしまう展開も、どうかなと思いした。
エリザベスは離婚歴で有名ですが、バートンとは2回離婚したという珍しい夫婦です。この映画は最初の夫婦時代のものですが、二人とも製作に参加していて、100万ドルを投資し、200万ドルとギャラを受け取ったという話から好感を持たない人もいるようです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術監督・装置Dario Simoni装置
  Giuseppe Mariani美術
  Luigi Gervasi装置
  Renzo Mongiardino美術
  John De Cuir美術
  Elven Webb美術
 □ 衣装デザイン賞Danilo Donati 
  Irene Sharaff 
□ 男優賞(国内)リチャード・バートン 
 □ 女優賞(国内)エリザベス・テイラー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】じゃじゃ馬ならし2015/11/04\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】じゃじゃ馬ならし2010/10/27\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】じゃじゃ馬ならし2007/06/06\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】じゃじゃ馬ならし <期間限定生産>2005/06/22\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】じゃじゃ馬ならし2000/01/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】じゃじゃ馬ならしレンタル有り
 【VIDEO】じゃじゃ馬ならしレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION