allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジャッキー・チェンの醒拳(1983)

醒拳
FEARLESS HYENA II

新クレージーモンキー/大笑拳(旧ソフト題)
醒拳(せいけん)(ソフト題)

メディア映画
上映時間80分
製作国香港
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1986/03/01
ジャンルアクション
ジャッキー・チェン (拳)シリーズ/アルティメット・ブルーレイ・コレクション BOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 26,784
価格:¥ 15,780
USED価格:¥ 14,922
amazon.co.jpへ

【解説】
 カンフーの名手である青年ロンとズボラな従兄のヤスは、醒拳の達人であるそれぞれの父親から特訓を受けていたが、中々身に入らずいい加減な日々を過ごしていた。そんなある日、彼らの父親たちが宿敵である天鬼拳の極悪兄弟に無残にも殺されてしまう。復讐を誓い、壮絶な特訓の末に必殺の醒拳をマスターしたロンとヤスは、天鬼拳一派に最後の闘いを挑むが……。J・チェンの初期の代表作である「スネーキーモンキー/蛇拳」「ドランク・モンキー/酔拳」「クレージーモンキー/笑拳」の流れをくむコミカル・カンフー・アクション。撮影中にジャッキーが渡米したために完成が3年延びたという、ファンの間では幻の作品として語り継がれてきた一作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:DEEP BLUE投稿日:2008-05-21 18:38:02
本来、ゴールデン・ハーベストの「ヤングマスター」と同時進行で撮影されてた契約消化のための最後のロー・ウェイ側作品だったが、ジャッキーは「ヤングマスター」だけ撮り終えてさっさと渡米し、世紀の駄作「バトルクリーク・ブロー」の撮影に入ってしまう。で、ジミー・ウォングが間に入ったり・・・もめにもめてる中、ファンとしてはずっと気になってたこの作品。結局はわずかに残った撮り終えてるシーンに、「拳精」やら「笑拳」やらの映像を使い回しながらそっくりさんを使ったうえ、さらに主役をもう1人増やしてストーリーを長くして、むりやり完成させたニセモノのジャッキー作品。その製作過程はブルース・リーの「死亡の塔」と酷似している。しかしお蔵入りになるよりはジャッキー本人がカンフーしてる、ある意味最後の姿が拝めたのでよかったかも?
投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-14 19:38:06
途中で別の人がジャッキーしてるインチキ映画。こんなのが堂々と公開されるとこが香港映画の魅力!?
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-06 16:41:33
ビデオで見ましたが、トリミングも酷かったです。
投稿者:ラロシュ投稿日:2004-02-01 01:07:38
ビデオタイトルに大笑拳とあるが、ぜんぜん笑えない上に人の殺され方がかなり残酷。(最後に殺される爺さんがゲボッと血を吐いて死ぬのがかわいそう...。)
関係者や重要人物が次々殺されていき、みていて不愉快。
ジャッキーのシーンは殆ど映像の使いまわし。
投稿者:ルクレティア投稿日:2003-01-06 04:37:56
「クレージーモンキー笑拳」の続編の作品。ジャッキーが撮影途中ゴールデンハーベストに移籍してしまったため、偽ジャッキーなどが出演。おまけに「笑拳」「拳精」などからの流用シーン満載とかなりの珍品です。ビデオタイトルが「新クレージーモンキー大笑拳」ジャッキー主演と書いてあり、事情を何も知らなかった自分はちょっとショックを受けました(笑)。しかし勿論ジャッキー自身が出演し戦うシーンはありますし、お話自体は単純なもののなかなかの仕上がりかな。敵2人のカンフーが素晴らしい。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION